コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割る ワル

2件 の用語解説(割るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ・る【割る】

[動ラ五(四)]
強い力を加え固体の物をいくつかに分けて離す。「茶碗を―・る」「クルミを―・る」「まきを―・る」
ある物をいくつかの部分に分ける。「土地を三つに―・る」「部屋を―・って使う」
まとまっているもの、組織などを分裂させる。「党を―・る」
押し分けて間を離す。「両者の間に―・ってはいる」
そろえた両膝の間を空ける。「膝を―っ・てしゃがむ」
割り算をする。除する。「六を二で―・る」
分けて与える。配分する。割り当てる。「それぞれに役を―・る」「頭数で―・る」
他の液体にまぜて濃度を薄める。「ブランデーを水で―・る」
心のうちを隠さずにすっかり出す。うちあける。また、白状する。「腹を―・って話す」「口を―・る」
10 一定数に達しないで下回る。ある水準以下になる。「志願者が定員を―・る」「仕入れ値を―・る」
11 きまった範囲の外に出る。「土俵を―・る」
12 (サッカーなどで)ラインをこえる。「ボールがタッチラインを―・る」
13 突き当たったり切ったりして傷をつける。できた傷の部分を開いた状態にする。「激しい申し合いで額を―・る」
14 (相撲で「腰をわる」の形で)足を開き膝を曲げ、体をまっすぐにした姿勢で腰を低くする。「腰を―・って寄る」
15 追い求めて捜し出す。つきとめる。「ほしを―・る」
16 手形を割り引く。「手形を―・る」
17 わけを細かく説明する。
「―・っつ砕いつ叱れども」〈浄・冥途の飛脚
[可能]われる
[動ラ下二]われる」の文語形。
[下接句]川口で船を破(わ)る口を割る尻(けつ)を割る腰を割る尻(しり)を割る底を割る竹を割ったよう土俵を割る腹を割る枕(まくら)を割る水を割る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わる【割る】

( 動五[四] )
力を加えて、いくつかの部分に分かれるようにする。 「ガラスを-・る」 「薪まきを-・る」 「卵を-・る」
一つの物をいくつかの部分に分ける。
まとまった形のものをいくつかに分ける。 「桃を二つに-・る」 「代金を頭数で-・る」
割り当てる。 「芝居の役を-・る」 「費用は五人で-・る」
割り算をする。除する。
掛ける 「六を二で-・る」
人々のまとまりをくずす。分裂させる。 「党を-・る」 「国論を-・る大問題」
無理に離す。押し分ける。 「雪を-・って芽が出る」 「中に-・って入る」 「石戸-・る手力もがも/万葉集 419
ある液体に他の液体を混ぜて濃度を薄くする。 「ウイスキーを水で-・る」
数量がある基準を保てなくなる。ある基準からはみ出す。 「ドルは一時一〇〇円を-・った」 「与党は過半数を-・りそうだ」 「定員を-・る」
たたいたり、物をぶつけたりして、皮膚に裂け目を作る。 「転んで額を-・る」 「唇を-・る」
境界線をはみ出す。 「土俵を-・る」
手形割引をする。手形を割引く。
破壊する。こわす。 「城ヲ-・ル/日葡」 〔「割れる」に対する他動詞〕 → 砕く(補説欄)
[可能] われる
( 動下二 )
われる
[慣用] 口を- ・腰を- ・底を- ・腹を- / 竹を割ったよう
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割るの関連キーワード圧する弄くる力嵌め虎に翼打壊す打破る押破る襲い掛る突破る強い力

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

割るの関連情報