コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕く/摧く クダク

デジタル大辞泉の解説

くだ・く【砕く/×摧く】

[動カ五(四)]
強い力を加えて、固い物やかたまりになっている物を細かくする。「岩を―・く」
勢いを弱らせる。計画などをつぶす。くじく。「野望を―・く」

㋐(「心をくだく」の形で)あれこれと心を悩ます。思い悩む。「善後策に日夜心を―・く」
㋑(「身をくだく」の形で)労苦をいとわず懸命に尽くす。身を粉にする。「会社の再建に身を―・く」
物事をわかりやすく説明する。平たく言う。「内容を―・いて説明する」
細かく分ける。細分する。
「四十八手のその内を、百手(ももて)に―・きて」〈仮・竹斎・上〉
[可能]くだける
[動カ下二]くだける」の文語形
[下接句]肝胆を砕く気を砕く肝(きも)を砕く心を砕く心肝を砕く心気を砕く肺肝を砕く身を砕く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

砕く/摧くの関連キーワード粗ごなし・荒ごなし耕耘機・耕運機アイスピックコールピッククラッシャーチーズナイフ土割り・土割うちみしゃぐ骨髄を砕く打っ欠く擂り砕く臼挽き紅葉蓆破砕機咀砕機耕耘機田起し真っ向咀嚼器塊打ち

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android