コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕く/摧く クダク

デジタル大辞泉の解説

くだ・く【砕く/×摧く】

[動カ五(四)]
強い力を加えて、固い物やかたまりになっている物を細かくする。「岩を―・く」
勢いを弱らせる。計画などをつぶす。くじく。「野望を―・く」

㋐(「心をくだく」の形で)あれこれと心を悩ます。思い悩む。「善後策に日夜心を―・く」
㋑(「身をくだく」の形で)労苦をいとわず懸命に尽くす。身を粉にする。「会社の再建に身を―・く」
物事をわかりやすく説明する。平たく言う。「内容を―・いて説明する」
細かく分ける。細分する。
「四十八手のその内を、百手(ももて)に―・きて」〈仮・竹斎・上〉
[可能]くだける
[動カ下二]くだける」の文語形
[下接句]肝胆を砕く気を砕く肝(きも)を砕く心を砕く心肝を砕く心気を砕く肺肝を砕く身を砕く

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

砕く/摧くの関連キーワード耕耘機・耕運機クラッシャー土割り・土割うちみしゃぐチーズナイフアイスピックコールピック撃砕・撃摧骨髄を砕く擂り砕く碾き割る打っ欠く咀砕機臼挽き咀嚼器耕耘機紅葉蓆破砕機塊打ち真っ向

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android