コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止(ま)る/留(ま)る/停まる トマル

デジタル大辞泉の解説

とま・る【止(ま)る/留(ま)る/停まる】

[動ラ五(四)]
動いていたものが動かなくなる。動きをそこでやめた状態になる。停止する。「時計が―・る」「特急の―・る駅」「エンジンが―・る」
続いていたものが続かなくなる。通じていたものが通じなくなる。「成長が―・る」「道はそこで―・っている」「水道が―・る」
飛んでいた虫・鳥などが物につかまって静止した状態を保つ。「蝶が花に―・る」「小鳥が枝に―・る」
動かないように固定される。「画鋲(がびょう)ではうまく―・らない」
心・目・耳に感じられる。印象が消えずに残る。「目に―・る」「耳に―・った話」
(「お高くとまる」の形で)えらそうな態度をとる。「お高く―・っていて返事もしない」
とりやめになる。中止される。
「いつしか思ひたることの、障(さは)ること出(い)で来て、にはかに―・りぬる」〈能因本枕・一〇三〉
行き着く。
「ことわりも何もいづこに―・るべきにか」〈・若菜上〉
そこに残る。とどまる。
「行くも―・るもみな泣きなどす」〈更級
10 生き残る。この世にとどまる。
「―・りゐる身も老いらくののちなればさらぬ別れぞいとどかなしき」〈新勅撰・雑三〉
[可能]とまれる
[下接句]お高くとまる御目に留まる耳に留まる目が留まる目に留まる目にも留まらぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

止(ま)る/留(ま)る/停まるの関連キーワードガイガー=ヌッタルの法則タンキリマメ(痰切豆)トリチェリの真空ダイミョウセセリ水中パラシュートチュービュリン上行性脊髄麻痺ムラサキシジミチャンネリングカワラバッタビワハゴロモアシナガグモイカリモンガレーザーメスラジカル重合アルコール多結晶組織セレベス海真空蒸発細胞接触

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android