コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正マグマ鉱床 せいマグマこうしょうorthomagmatic deposit

4件 の用語解説(正マグマ鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正マグマ鉱床
せいマグマこうしょう
orthomagmatic deposit

液相マグマからケイ酸塩鉱物が晶出する時期に生成した火成鉱床の一種。その後,マグマ残液が迸入固結してペグマタイト期に生成する鉱床をペグマタイト鉱床という。不規則塊状をなすことが多い。斑糲岩,橄欖岩,輝岩などに伴うクロム鉄鉱磁鉄鉱,銅やニッケル鉱,ときにダイヤモンドなどがこの種の鉱床から採掘されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいマグマ‐こうしょう〔‐クワウシヤウ〕【正マグマ鉱床】

火成鉱床の一。マグマ固結の初期に晶出した有用鉱物が火成岩体の下部に濃集してできた鉱床。ニッケルクロムチタン白金などを産出。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正マグマ鉱床【せいマグマこうしょう】

火成鉱床の一種。たんにマグマ鉱床と呼ぶこともある。マグマから有用鉱物が晶出・濃集して形成された鉱床。通常のマグマとは異なる組成のマグマによるものに硫化鉱物鉱床(ニッケル,白金属元素),カーボナタイト希土類元素),ある種の鉄鉱床(磁鉄鉱,赤鉄鉱,リン灰石)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいマグマこうしょう【正マグマ鉱床 orthomagmatic deposit】

火成鉱床の一種で,マグマ(特殊な化学組成のものも含む)から有用な鉱物が直接晶出・濃集した鉱床をいう。最近ではたんにマグマ鉱床magmatic depositとよばれることも多い。いくつかの成因の異なるタイプに大別される。一つは通常のマグマ(ケイ酸塩の溶融体)とは異なる化学組成をもつマグマが固結して形成する鉱床で,特殊な組成のマグマが通常のマグマとは混ざり合わない性質をもつ(不混和現象)ために分離をおこし濃集することによると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の正マグマ鉱床の言及

【火成鉱床】より

…このような地質現象により,有用な元素や鉱物が濃集したものが火成鉱床である。火成鉱床は正マグマ鉱床と後マグマ鉱床に大別されるが,この中間の性質をもつペグマタイト鉱床もある。正マグマ鉱床には以下に述べる二つの大きく異なるタイプがある。…

【鉱床】より

…このため鉱床の成因による分類は岩石のそれにならって,火成鉱床堆積鉱床変成鉱床と三大別することが一般に行われている。 火成鉱床はマグマの活動に関係した地質現象によって生成される鉱床で,正マグマ鉱床熱水鉱床で代表される。堆積鉱床は堆積作用やそれに引き続いて起こる地質現象によって生成される鉱床であり,多くは鉱層を形成する。…

※「正マグマ鉱床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone