コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝える ツタエル

2件 の用語解説(伝えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つた・える〔つたへる〕【伝える】

[動ア下一][文]つた・ふ[ハ下二]
言葉などで知らせる。伝達する。「電話で用件を―・える」「大統領選の速報を外電が―・える」「皆さんにもよろしく―・えて下さい」
あるものを受け継いで残す。また、あるものを受け継いで次の代に授け渡す。伝授する。「当時の農民の生活を今に―・える祭事」「家宝を―・える」「名を後世に―・える」「秘伝を弟子に―・える」
よその土地から文物などを持ってくる。もたらす。「インドから経典を―・える」「キリスト教を日本に―・えた人物」
熱・音などが、一方から他方へ移るように仲だちをする。「銅は熱をよく―・える」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つたえる【伝える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 つた・ふ
〔下二段動詞「伝つ」に接尾語「ふ」の付いた語〕
(情報や、人の言葉などを)他の人に知らせる。伝達する。 「こちらの希望は文書で先方に-・えてある」 「御両親にもよろしくお-・え下さい」 「会って私の本当の気持ちを-・えたい」
語り継ぐ。 「湖の主と-・える」
(文化や価値ある物などを)離れた場所や後世の人に受け渡す。 「キリスト教を日本に-・えた人」 「村の伝統工芸を後の世に-・える」 「家宝を子孫に-・える」
ある物理作用が離れた所に届くように仲だちをする。 「銅は電気や熱を-・えやすい」
伝授する。 「きんぢ、この手を-・へ施すものならば/宇津保 吹上・上」 〔「伝う」に対する他動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝えるの関連キーワード語り伝える浚える復習える為終える供える称える言伝える書伝える聞伝える申伝える

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝えるの関連情報