広大無辺(読み)こうだいむへん

四字熟語を知る辞典「広大無辺」の解説

広大無辺

広くて大きく、はてしのないこと。広くて限りのないこと。

[活用] ―な・―に。

[使用例] ああ、広大無辺なる「でうす」の御智慧、御力は、何とたたえ奉る詞だにござない[芥川龍之介*奉教人の死|1918]

[使用例] 右手をふれば左へ、左手をふれば右へ、縦横無尽にはね飛ばされたり、土の中へめりこまされたり、たった一日の稽古でつくづく天下の広大無なることを悟ったものだ[坂口安吾*母の上京|1947]

[解説] 「広大」は広くて大きいこと。「無辺」は限りのないこと。

[類語] こうだいりょう

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「広大無辺」の解説

こうだい‐むへん クヮウダイ‥【広大無辺・洪コウ大無辺】

〘名〙 (形動) 広さ、高さ、大きさなどが限りもないこと。大きくてはてしないこと。また、そのさま。広大無量。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)三「くう大むへんの親の」 〔八十華厳経‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「広大無辺」の解説

こうだい‐むへん〔クワウダイ‐〕【広大無辺】

[名・形動]果てしなく広くて大きいこと。また、そのさま。「広大無辺な(の)宇宙空間」「広大無辺な(の)恩恵
[類語]広やか広い広大広壮広漠広広広範広闊こうかつ開豁かいかつ空漠茫漠茫茫渺茫びょうぼう茫洋洋洋だだっ広い幅広はばびろワイド広角漠漠渺渺びょうびょう豁然かつぜん広域空闊くうかつ蒼茫浩浩無辺無辺際一望千里果てし無い手広い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android