コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗れる マブレル

デジタル大辞泉の解説

まぶ・れる【塗れる】

[動ラ下一][文]まぶ・る[ラ下二]まみれる」に同じ。
「鰌(どじょう)は乾いた庭の土に―・れて」〈長塚

まみ・れる【塗れる】

[動ラ下一][文]まみ・る[ラ下二]
泥・汗などが一面にくっついて汚れる。「泥に―・れる」「汗に―・れる」→一敗地に塗れる
問題を多く抱えて困った状態である。「汚名に―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まびれる【塗れる】

( 動下一 )
きたないものが一面について汚れる。まみれる。 「砂に-・れて搔抱けば/金色夜叉 紅葉

まぶれる【塗れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 まぶ・る
まみれる(塗) 」に同じ。 「惣身屎に-・れ抱腹絶倒/西洋道中膝栗毛 魯文

まみれる【塗れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 まみ・る
汚いものが一面につく。たくさんついてよごれる。 「汗に-・れる」 「血に-・れる」
落ちぶれる。 〔名義抄〕
[慣用] 一敗地に-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

塗れるの関連キーワード四色問題(よんしょくもんだい)ソフトバター地に塗れる金色夜叉魯文まみ慣用褫く一敗女奴膏薬

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塗れるの関連情報