コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚れる/穢れる ケガレル

デジタル大辞泉の解説

けが・れる【汚れる/×穢れる】

[動ラ下一][文]けが・る[ラ下二]
清らかさ、純粋さ、神聖さなどが損なわれて、よごれた状態になる。よごれる。「耳が―・れる」「神殿が―・れる」
名誉や誇りに傷がつく。「履歴が―・れる」
女性が貞操を失う。
死・出産・月経などにかかわって忌むべき状態になる。
汚(よご)れる用法

よご・れる【汚れる】

[動ラ下一][文]よご・る[ラ下二]
きたなくなる。不潔になる。「手が―・れる」「都会の―・れた空気」
悪いことに関係して、清らかさを失う。けがらわしくなる。けがれる。「そんな―・れたお金は受け取れない」
[用法]よごれる・けがれる――「よごれる」は、汚物がついてきたなくなることをいう。「けがれる」は、犯罪を犯す、道徳に反する、宗教などで禁じられていることをするなど、精神的に清らかでなくなることをいう。◇「よごれた」は、や油などが付いてきたない状態である。「けがれた手」は、不正な金銭を受け取ったり、人を殺傷したり、触れてはならないものに触れたりしたことである。◇「けがれる」は、「名がけがれる」「名誉がけがれる」「思い出がけがれる」など、多くは抽象的なものに用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よごれる【汚れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 よご・る
きたなくなる。けがれる。 「着物が-・れる」 「 - ・れた手」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

汚れる/穢れるの関連キーワード白鷺は塵土の穢れを禁ぜずアコヤガイ(阿古屋貝)ダーティーワーク裏移り・裏写りベランダ喫煙淋病(淋疾)垢取り・赤鳥成年後見制度マッフル炉かっぽう着工業暗化垢染みるスヌード黒色火薬周利槃特後見登記汗染みる油染みる煤ぼけるぞうきん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android