コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚れる/穢れる ケガレル

3件 の用語解説(汚れる/穢れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けが・れる【汚れる/×穢れる】

[動ラ下一][文]けが・る[ラ下二]
清らかさ、純粋さ、神聖さなどが損なわれて、よごれた状態になる。よごれる。「耳が―・れる」「神殿が―・れる」
名誉や誇りに傷がつく。「履歴が―・れる」
女性が貞操を失う。
死・出産・月経などにかかわって忌むべき状態になる。
汚(よご)れる[用法]

よご・れる【汚れる】

[動ラ下一][文]よご・る[ラ下二]
きたなくなる。不潔になる。「手が―・れる」「都会の―・れた空気」
悪いことに関係して、清らかさを失う。けがらわしくなる。けがれる。「そんな―・れたお金は受け取れない」
[用法]よごれる・けがれる――「よごれる」は、汚物がついてきたなくなることをいう。「けがれる」は、犯罪を犯す、道徳に反する、宗教などで禁じられていることをするなど、精神的に清らかでなくなることをいう。◇「よごれた手」は、泥や油などが付いてきたない状態である。「けがれた手」は、不正な金銭を受け取ったり、人を殺傷したり、触れてはならないものに触れたりしたことである。◇「けがれる」は、「名がけがれる」「名誉がけがれる」「思い出がけがれる」など、多くは抽象的なものに用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone