コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸半太夫(1世) えどはんだゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸半太夫(1世)
えどはんだゆう[いっせい]

[生]?
[没]1743
江戸の浄瑠璃太夫。出自は坂本氏。幼名半之丞。修験者の子と伝えられる。初め説経節や歌祭文の語り手で,のち江戸肥前掾の弟子となり,江戸半太夫と名のった。貞享~元禄 (1684~1704) の頃一流を語りだし,半太夫節として世に知られた。大薩摩浄雲以後,江戸での名人といわれた。正徳2 (12) 年江戸堺町に操 (あやつり) の劇場を興したがまもなく廃座,主として歌舞伎芝居に出勤。正徳年間 (11~15) に剃髪して梁雲と号した。門下に名手が多く,特に1世十寸見河東江戸太夫双笠は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

江戸半太夫(1世)の関連キーワード浄瑠璃太夫語り手修験者歌祭文坂本

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android