コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄法寺 じょうぼうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄法寺
じょうぼうじ

岩手県北西部,二戸市南西部の旧町域。青森県に隣接する。稲庭岳 (1078m) と七時雨山 (1063m) の中間を流れる安比川 (あっぴがわ) の谷を占める。 1940年町制。 2006年二戸市と合体。旧町名は中世以来の地名による。鎌倉時代から浄法寺氏がこの地を支配し,江戸時代には南部氏がこれに代わった。古くからの南部漆の産地で浄法寺椀は特産品。浄法寺の漆掻きと浄法寺塗の用具および製品は国の重要有形民俗文化財に指定されている。行基開祖と伝えられる八葉山天台寺があり,聖観音立像とともに国の重要文化財に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄法寺
じょうぼうじ

岩手県北西部、二戸(にのへ)郡にあった旧町名(浄法寺町(まち))。現在は二戸市の南西部を占める地域。青森県境にある。1940年(昭和15)町制施行。2006年(平成18)、二戸市に合併。旧町域の北西に稲庭(いなにわ)岳、南に毛無(けなし)森がそびえ、その間を北東流する安比(あっぴ)川に沿って耕地が開けるが、大部分は丘陵地で開拓集落が点在する。葉タバコ栽培、畜産、林業が行われる。御山(おやま)地区には728年(神亀5)行基(ぎょうき)の開山と伝える八葉山(はちようざん)天台寺があり、広く信仰を集め、本堂、仁王門、十一面観音立像、聖(しょう)観音立像は国の重要文化財。漆の生産量は全国一で、天台寺の寺僧が始めたという浄法寺椀(わん)などの浄法寺塗は国の伝統的工芸品に指定される。稲庭岳の裾野(すその)は草地改良事業が進み、酪農などが行われ、後継者を養成する県立浄法寺営農高等学園が設立された(現、県立農業大学校に吸収)。高曲原(たかまがはら)はキャンプ場の適地。[川本忠平]
『『浄法寺町史1 資料編』(1976・浄法寺町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浄法寺の関連キーワード岩手県二戸市浄法寺町御山久保二戸市立浄法寺歴史民俗資料館浄法寺[町]永平寺[町]岩手県二戸市二戸(市)西村 公朝永平寺町奥州街道松岡好忠釧雲泉南部塗秀衡椀機織淵馬淵川要塞小川出三

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄法寺の関連情報