コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄法寺 じょうぼうじ

2件 の用語解説(浄法寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄法寺
じょうぼうじ

岩手県北西部,二戸市南西部の旧町域。青森県に隣接する。稲庭岳 (1078m) と七時雨山 (1063m) の中間を流れる安比川 (あっぴがわ) の谷を占める。 1940年町制。 2006年二戸市と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄法寺
じょうぼうじ

岩手県北西部、二戸(にのへ)郡にあった旧町名(浄法寺町(まち))。現在は二戸市の南西部を占める地域。青森県境にある。1940年(昭和15)町制施行。2006年(平成18)、二戸市に合併。旧町域の北西に稲庭(いなにわ)岳、南に毛無(けなし)森がそびえ、その間を北東流する安比(あっぴ)川に沿って耕地が開けるが、大部分は丘陵地で開拓集落が点在する。葉タバコ栽培、畜産、林業が行われる。御山(おやま)地区には728年(神亀5)行基(ぎょうき)の開山と伝える八葉山(はちようざん)天台寺があり、広く信仰を集め、本堂、仁王門、十一面観音立像、聖(しょう)観音立像は国の重要文化財。漆の生産量は全国一で、天台寺の寺僧が始めたという浄法寺椀(わん)などの浄法寺塗は国の伝統的工芸品に指定される。稲庭岳の裾野(すその)は草地改良事業が進み、酪農などが行われ、後継者を養成する県立浄法寺営農高等学園が設立された(現、県立農業大学校に吸収)。高曲原(たかまがはら)はキャンプ場の適地。[川本忠平]
『『浄法寺町史1 資料編』(1976・浄法寺町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄法寺の関連キーワード岩手県二戸市安比岩手県二戸市石切所岩手県二戸市釜沢岩手県二戸市白鳥岩手県二戸市足沢岩手県二戸市似鳥岩手県二戸市福岡岩手県二戸市福田岩手県二戸市堀野岩手県二戸市米沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄法寺の関連情報