委付(読み)いふ

精選版 日本国語大辞典「委付」の解説

い‐ふ ヰ‥【委付】

〘名〙
① ゆだね頼むこと。ゆだね渡すこと。託。
今昔(1120頃か)五「太子亦、本国に還て国位を委して、国を治る事、父の王の如し也」
海商法上、特定の物または権利を他人に移転することにより、一定の責任を免れたり、他の権利を取得したりする行為。免責委付保険委付とがある。
※商法(明治三二年)(1899)五五三条「船舶の譲渡、委付若くは賃貸を為し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「委付」の解説

い‐ふ〔ヰ‐〕【委付】

[名](スル)
ゆだね頼むこと。ゆだね渡すこと。「任務委付する」「権利を委付する」
海商法上、船舶所有者などを保護するための制度船主などが負担する損害賠償などの債務について、海産の権利を債権者に移転して責任を免れる免責委付と、船舶が行方不明などのとき、被保険者が船舶のいっさいの権利を保険者に移転して保険金額全部を請求できる保険委付とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「委付」の解説

委付【いふ】

船主を保護するための海商法上の制度。海上保険において被保険者たる船主などが保険の目的物が全損しているかか不明のとき,その目的物を保険会社に引き渡して保険金全部の支払を受けること(商法833条以下)。このような委付は海上保険特有の制度で,通常〈保険委付〉と呼ばれている。
→関連項目有限責任

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「委付」の解説

いふ【委付 abandonment】

海上保険の被保険者が保険の目的についてもいっさいの権利を保険者に移転し,保険金額の全部を請求する権利を取得することをいう。たとえば船舶が行方不明となったときなど,全損(全損・分損)のおそれが多いとき,またはその証明がむずかしい場合に,被保険者は保険の目的である船舶あるいは積荷に関するいっさいの権利を保険者に移転して保険金額全額の請求権を取得することができる。これにより被保険者は保険金の支払を受け,保険の目的に投下した資本回収が容易となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「委付」の解説

【委付】い(ゐ)ふ

まかせる。〔三国志、諸恪伝〕丞相輔の效を忝(はづかし)めんことを懼(おそ)れ、先委付のを損せんことをる。

字通「委」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android