コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

委付 いふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

委付
いふ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐ふ〔ヰ‐〕【委付】

[名](スル)
ゆだね頼むこと。ゆだね渡すこと。「任務を委付する」「権利を委付する」
海商法上、船舶所有者などを保護するための制度船主などが負担する損害賠償などの債務について、海産権利債権者に移転して責任を免れる免責委と、船舶が行方不明などのとき、被保険者が船舶のいっさいの権利を保険者に移転して保険金額の全部を請求できる保険委付とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

委付【いふ】

船主を保護するための海商法上の制度。海上保険において被保険者たる船主などが保険の目的物全損しているか否か不明のとき,その目的物を保険会社に引き渡して保険金全部の支払を受けること(商法833条以下)。
→関連項目有限責任

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

保険基礎用語集の解説

委付

海上保険特有の制度で、特定の保険事故が発生した場合に、被保険者が保険の目的に関する一切の権利を保険者に移転することによって、保険金額の全部を請求できる制度を指します。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いふ【委付 abandonment】

海上保険の被保険者が保険の目的についてもいっさいの権利を保険者に移転し,保険金額の全部を請求する権利を取得することをいう。たとえば船舶が行方不明となったときなど,全損(全損・分損)のおそれが多いとき,またはその証明がむずかしい場合に,被保険者は保険の目的である船舶あるいは積荷に関するいっさいの権利を保険者に移転して保険金額全額の請求権を取得することができる。これにより被保険者は保険金の支払を受け,保険の目的に投下した資本の回収が容易となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いふ【委付】

( 名 ) スル
ゆだねること。 「全権を-する」
海商法上、一定の効果を発生させるために、自己の権利を他へ移転すること。損害賠償などの債務を免れるために海産などの権利を移転する免責委付と、保険金全額を取得するために船舶などの権利を移転する保険委付がある。免責委付は1975年(昭和50)に廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

委付の関連キーワードカニア(Stanisław Kania)船主責任制限法船主責任制限金額責任主義報告書分散参照全権項目

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android