暗澹(読み)アンタン

デジタル大辞泉の解説

あん‐たん【暗×澹】

[ト・タル][文][形動タリ]
薄暗くはっきりしないさま。暗く陰気なさま。
「曇空には雲が―と動いていた」〈梶井・冬の日〉
将来の見通しが立たず、全く希望がもてないさま。「暗澹とした表情」「暗澹たる人生」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐たん【暗澹】

〘形動ナリ・タリ〙 (現代では多く「暗澹たる」「暗澹と(して)」の形で用いられる)
① 暗くてものすごいさま。薄暗くてはっきりしないさま。
※市隠草堂集(1775‐88)前・江暁留別「暗澹滄江暁、相携此壮行」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「見え遍(わた)りし家も土蔵も堆き黯黮(アンタン)の底に没して」 〔白居易‐見紫薇花憶微之詩〕
② 特に、気持が暗く、うちしおれているさま。前途に望みを失い、絶望的なさま。また、暗く不安げであるさま。
※和蘭皿(1904)〈生田葵山〉糸の縺れ「墓石の下に彷徨って居る様な暗憺(アンタン)たる気を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報