コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗澹 アンタン

デジタル大辞泉の解説

あん‐たん【暗×澹】

[ト・タル][文][形動タリ]
薄暗くはっきりしないさま。暗く陰気なさま。
「曇空には雲が―と動いていた」〈梶井・冬の日〉
将来の見通しが立たず、全く希望がもてないさま。「暗澹とした表情」「暗澹たる人生」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あんたん【暗澹】

( トタル ) [文] 形動タリ 
うす暗くすごみを感じさせるさま。 「 -たる灰色の空の下に/あめりか物語 荷風
将来の見通しが暗く、何の希望ももてず悲観的なさま。 「 -たる思い」 「人生凡て-たるが如く思はれ/欺かざるの記 独歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

暗澹の関連キーワード安・庵・按・晏・暗・案・行・闇・鞍ハイム(Georg Heym)レオパルディクプリーン豊臣秀吉福島泰樹中山義秀マクベス深刻小説トタル山口瞳キーツ表情河童独歩

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗澹の関連情報