一望千里(読み)イチボウセンリ

  • いちぼうせんり イチバウ‥
  • いちぼうせんり〔イチバウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一目で千里の遠くまで見渡されること。ながめがよく広々しているさまをいう。
※野の花(1901)〈田山花袋〉二「その向ふには一望千里とも言はるべき席田(むしろだ)がはるばると地平線の末の末まで連ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一目で千里の遠くまで見渡されること。ながめがよく広々している様子をいう。

[使用例] その向こうには一望千里とも言わるべきむしろがはるばると地平線の末の末まで連なっている[田山花袋*野の花|1901]

[使用例] 汽車は毎日一望千里の曠野のなかを走ってゆく[河盛好蔵*明るい風|1958]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android