コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漠漠 バクバク

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ばく【漠漠】

[ト・タル][文][形動タリ]
広々として果てしないさま。「漠漠たる荒野」
ぼんやりとしているさま。とりとめのないさま。「空々漠漠
「―たる挨拶をした」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくばく【漠漠】

( トタル ) [文] 形動タリ 
はてしないさま。 「人の住居せざる-たる曠原に於て/天賦人権論 辰猪
雲などの一面におおうさま。うす暗いさま。 「余煙-として/佳人之奇遇 散士
とらえどころのないさま。ぼんやりしたさま。 「 -とした印象」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漠漠の関連キーワード博・幕・曝・漠・瀑・爆・縛・莫・駁・驀・麥・麦印象

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android