コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無辺際 ムヘンサイ

デジタル大辞泉の解説

む‐へんさい【無辺際】

[名・形動]広大で果てのないこと。また、そのさま。無辺。
「縹渺と―に拡がって居る海を」〈菊池寛・俊寛〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むへんざい【無辺際】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「むへんさい」とも〕
限りのないこと。はてしなく広いこと。また、そのさま。無限。 「 -に広がる」 「 -の大空」 「 -に浮き出す薄き雲/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無辺際の関連キーワード虞美人草無辺

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無辺際の関連情報