洋洋(読み)ようよう

精選版 日本国語大辞典「洋洋」の解説

よう‐よう ヤウヤウ【洋洋】

〘形動タリ〙
① 水が満ちあふれるさま。また、広々としたさま。ゆったりしたさま。限りないさま。漾漾(ようよう)洋乎。
※経国集(827)一・春江賦〈嵯峨皇〉「望春江兮騁目、観清流之洋洋」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一三「諸(これ)を水中に納(いる)れば、圉々洋々(ヨウヨウ)(〈注〉ユラリ)として活溌たる魚と成り」 〔詩経‐衛風・碩人〕
② 物事の盛んなさま。
※性霊集‐五(835頃)請越州節度使内外文書啓「氷霜留犢、五袴洋々」
※読本・英草紙(1749)二「琴声美なる哉、洋々(ヤウヤウ)(〈注〉サカンナリ)たり」 〔詩経‐魯頌・閟宮〕
③ 希望に満ちているさま。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「洋々たる前途の希望を暫し一外国船に載せて走りつつあるのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「洋洋」の解説

よう‐よう〔ヤウヤウ〕【洋洋】

[ト・タル][文][形動タリ]
水があふれるばかりに満ちているさま。水が広々と広がっているさま。「洋洋たる大海」
希望に満ちているさま。「洋洋として未来は広がる」「前途洋洋たる青年」
盛んであるさま。
「只帝徳を頌し奉る声、―として耳にみてり」〈太平記・一一〉
[類語]広い広やか広大広壮広闊こうかつ開豁かいかつ広漠空漠茫漠茫茫渺茫びょうぼう茫洋だだっ広い幅広はばびろワイド広角広広漠漠渺渺びょうびょう豁然かつぜん広域空闊くうかつ蒼茫浩浩広大無辺無辺無辺際一望千里果てし無い手広い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「洋洋」の解説

【洋洋】ようよう(やうやう)

広大なさま。盛大なさま。美しく立派なさま。充するさま。〔中、二十七〕大なる哉(かな)、人の、洋洋乎として物を發し、峻(たか)くして天に極(いた)る。

字通「洋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報