コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃艶 ノウエン

デジタル大辞泉の解説

のう‐えん【濃艶】

[名・形動]あでやかで美しいこと。非常につやっぽく美しいこと。また、そのさま。「濃艶な舞姫」
「『何が―なの』『君江さんの肉体美のことさ』」〈荷風つゆのあとさき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうえん【濃艶】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あでやかで美しいこと。つややかで美しいこと。また、そのさま。 「 -に笑う」 「 -な脂粉とちりめんの衣裳の下に/秘密 潤一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

濃艶の関連キーワード嚢・囊・悩・惱・曩・濃・納・能・脳・腦・膿・農富本豊前掾(2世)ニールス・リーネ飯田屋八郎右衛門七王妃物語三輪 晁勢渓斎英泉三畠上龍伊藤若冲暁の明星江馬細香美人画邪宗門化粧品花子さび僧舞班女脂粉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android