コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふしだら フシダラ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しだら

[名・形動]
けじめがなく、だらしないこと。また、そのさま。「生活がふしだらになる」
品行が悪いこと。身持ちが悪いこと。また、そのさま。「ふしだらな関係になる」
[補説]「しだら」は、音楽での手拍子とする説や、自堕落(じだらく)の音変化とする説などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしだら

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
だらしのないこと。生活態度に規律のないこと。また、そのさま。 「 -な生活」
品行の悪いこと。男女関係にけじめのないこと。また、そのさま。 「 -な男女関係」 → しだら
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ふしだらの関連キーワードニコマコス倫理学エンリコ ペーアヒッチコック有力な方言淫ら・猥ら乱行・濫行澤村清隆染谷有香びらくら不身持ち不行状けじめ身持ち狡い乱行戯し品行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふしだらの関連情報