コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濤川惣助 なみかわそうすけ

7件 の用語解説(濤川惣助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濤川惣助
なみかわそうすけ

[生]弘化4(1847).下総
[没]1910.2. 東京
七宝作家。 1878年東京日本橋で七宝制作を始めた。 89年頃無線七宝ならびに釉 (うわぐすり) によるぼかし法などを完成,日本画の画趣そのままを七宝焼で表現し,絵様七宝を創始。内国勧業博覧会や外国の博覧会に出品して内外で名声を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なみかわ‐そうすけ〔なみかは‐〕【濤川惣助】

[1847~1910]七宝作家。下総の人。帝室技芸員。輪郭線のない無線七宝の技法を開発、有線七宝並河靖之と並び称された。パリ万博などに出品し、その絵画的な作品は世界的な評価を獲得した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

濤川惣助【なみかわそうすけ】

七宝作家。下総(しもうさ)の生れ。梶常吉に始まる新しい七宝の技法を受けついで東京に七宝工場を設立,無線七宝をつくり出し,濃淡のある彩色を可能にした。日本の七宝を世界的に有名にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

濤川惣助 なみかわ-そうすけ

1847-1910 明治時代の七宝作家。
弘化(こうか)4年生まれ。明治17年アーレンス商会の七宝工場をゆずりうける。輪郭線をなくした無線七宝の技法を完成し,絵画的表現に成功。パリ万国博覧会や内国勧業博覧会に出品して評価をえる。有線七宝の並河靖之(やすゆき)とならび称された。帝室技芸員。明治43年2月9日死去。64歳。下総(しもうさ)海上郡(千葉県)出身。号は魁香。作品に「七宝小禽図(しょうきんず)盆」「七宝花盛器」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

濤川惣助

没年:明治43.2.9(1910)
生年:弘化4(1847)
明治期の東京を代表する七宝作家。京都の並河靖之と双璧をなした。下総海上郡(千葉県)の農家に生まれ,18歳のとき江戸に出て酒商を営む。のち家業を弟に譲り瀬戸,岡崎,名古屋などの陶業を視察して廻る。七宝が欧米で盛んに賞美されていることを知り,明治10(1877)年アーレンス商会の七宝工場を譲り受け海外輸出を計ったのが,七宝との最初の出会いである。努力の後,銅線を輪郭線とする伝統的な七宝技法を改め,絵の具を使って絵画と同じように自由に絵模様を表す,いわゆる無線七宝を開発した。暈しも完成し,絵画と同じ表現力を七宝に持たせた。その成果は欧米で大好評を得,明治22年のパリ大博覧会,23年の内国勧業博覧会などで受賞し,29年には並河靖之と共に帝室技芸員にあげられた。墓は東京都港区青山墓地にある。代表作として「七宝小禽図盆」(東京芸大蔵),「七宝花盛器」(宮内庁蔵),「七宝富岳図」(東京国立博物館蔵)などがある。<参考文献>鈴木則夫・榊原悟『日本の七宝』

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なみかわそうすけ【濤川惣助】

1847‐1910(弘化4‐明治43)
七宝作家。下総旭町(現,千葉県旭市)に生まれ,若くして江戸へ出て職を転々としたのち,七宝技術を習得した。七宝技術は江戸時代末に,尾張の梶常吉(1803‐83)がオランダ七宝を研究し再興させていたが,濤川は梶に学んだ塚本貝助(1828‐97)を招き,またドイツ応用化学者G.ワーグナーの助言を得て七宝技術を革新し,世界的評価を得るまでに至った。1879年の第2回内国勧業博覧会で名誉金賞を受けた〈春月栖烏図額〉〈芳野川図花瓶〉は有線七宝によるものであったが,この後,無線七宝を完成させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濤川惣助
なみかわそうすけ
(1847―1910)

明治の七宝(しっぽう)工芸家。千葉県蛇園(へびその)村(現旭(あさひ)市)に生まれる。上京して七宝製作に携わる。当時七宝は、わが国に西欧の科学技術をもたらしたG・ワグネルの指導のもとに、東京・牛込(うしごめ)のアーレンス商会が手がけていたが、同商会の廃止後、惣助はその工人たちとさらにくふうを加えて従来の有線七宝を改良し、1887年(明治20)ごろには無線七宝とよばれる描画の輪郭に真鍮(しんちゅう)の細線を使わず、マット調の光沢のない絵の具を開発して、濃淡やぼかしによる日本画風の作品を表現し、七宝技術に新境地を開拓した。その技巧は1893年のシカゴ、コロンブス博覧会への出品前後が全盛期で、1896年には帝室技芸員に推挙された。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の濤川惣助の言及

【七宝】より

…現在この付近は七宝町と呼ばれて存在している。梶の出現で七宝工芸は大きく飛躍し,彼の弟子の塚本貝助(1828‐97)は,明治初年来日したドイツ人ワーグナーGottfried Wagner(1830‐92)の指導でその技術を大きく改良させ,さらに東京の濤川惣助(なみかわそうすけ)(1847‐1910)は無線七宝を考案,京都では並河靖之(なみかわやすゆき)(1845‐1927)が日本画風の七宝に特色を出し,名古屋では安藤重兵衛(1876‐1953)らが出て盛況を呈した。【由水 常雄】
[西洋]
 古代における七宝については不明な点が多い。…

※「濤川惣助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

濤川惣助の関連キーワード建安七子並河靖之梶常吉代表的無線七宝七宝焼並河靖之七宝記念館居初乾峰(2代)碓井小三郎桃井英升

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濤川惣助の関連情報