コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並河靖之 なみかわやすゆき

8件 の用語解説(並河靖之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並河靖之
なみかわやすゆき

[生]弘化2(1845).京都
[没]1927. 京都
七宝作家。七宝作家桃井英升の弟子。初め有線七宝法を工夫し,のち明治初年に来朝のドイツ人 G.ワーグナーの指導を受け,精巧な有線七宝による壺,花器などを制作した。無線七宝濤川惣助とともに明治七宝界の双璧と評され,1896年帝室技芸員となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なみかわ‐やすゆき〔なみかは‐〕【並河靖之】

[1845~1927]七宝作家。京都の人。帝室技芸員。伝統的有線七宝の作家として無線七宝濤川惣助と並び称された。また、黒色透明釉を開発したことでも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

並河靖之【なみかわやすゆき】

七宝作家。京都生れ。ドイツ人応用科学者G.ワーグナーによって伝えられた従来の七宝技法を改良し,金銀線を用いた精巧な七宝を作りだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河靖之 なみかわ-やすゆき

1845-1927 明治-大正時代の七宝作家。
弘化(こうか)2年9月生まれ。尾張(おわり)七宝の桃井英升(えいしょう)にまなぶ。伝統的な有線七宝をもとにあらたな文様表現を考案,無線七宝の濤川惣助(なみかわ-そうすけ)とならび称された。明治23年第3回内国勧業博覧会で妙技1等賞。29年帝室技芸員。昭和2年5月28日死去。83歳。京都出身。本姓は高岡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

並河靖之

没年:昭和2.5.28(1927)
生年:弘化2(1845)
明治大正期の七宝作家。武蔵国川越藩(埼玉県)藩士高岡九郎右衛門の3男として京都柳馬場に生まれ,安政2(1855)年,青蓮院宮侍臣並河靖全の養子となる。尾張七宝の祖である梶常吉の系譜に属する塚本貝助(1828~87)は,ドイツ人のワグナーと共に七宝釉薬の改良に尽くしたが,並河靖之は貝助の弟子である桃井儀三郎英升に七宝技術を学び,明治3(1870)年ごろ京都に七宝工場を設立,京都で活躍した。同8年,京都勧業博覧会,10年第1回内国勧業博覧会をはじめ内外の博覧会などで受賞を重ね,11年ごろから七宝に専念した。梶常吉の系譜を引く有線七宝の技術と,黒色透明釉の発明や金・銀線を用いた筆致をも表現する細緻な線置きによる精巧な文様表現による日本画的な作風で,東京で活躍した無線七宝の濤川惣助と共に,明治七宝界を代表する作家であった。明治29(1896)年濤川と共に帝室技芸員に任命されている。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なみかわやすゆき【並河靖之】

1845‐1927(弘化2‐昭和2)
七宝作家。京都に生まれ,梶常吉の系統をひく桃井儀三郎英升に七宝技法を学んだといわれる。1871年ころ工場を起こした並河は,75年京都勧業博覧会に花瓶を出品,有功賞をうけた。さらにドイツ人応用化学者G.ワーグナーが伝えた七宝技法に,伝統的な有線七宝技術を加味して改良し,金・銀線を用いた精巧な七宝を制作した。東京の濤川(なみかわ)惣助とともに,明治七宝界の双璧と評せられ,七宝技術の発展に尽くした功により,96年帝国技芸員に挙げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なみかわやすゆき【並河靖之】

1845~1927) 七宝工芸家。京都生まれ。伝統的有線七宝の作品を発表。また、黒色透明釉を開発し、新境地を拓いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並河靖之
なみかわやすゆき
(1845―1927)

明治・大正の七宝(しっぽう)工芸家。京都生まれ。本姓は高岡で、のちに並河靖全の養子となる。1872年(明治5)尾張(おわり)(名古屋)の桃井儀三郎英升と図って京都で七宝製作を始めるが、その技術は濤川惣助(なみかわそうすけ)の家職人から学んだとみられる。靖之は濤川と異なり、あくまでも伝統的な有線七宝を基本とし、その特色を生かした技法を考案した。光沢の強い華やかな絵の具を用いて真鍮(しんちゅう)の細線で精緻(せいち)な文様を描き、その上に絵の具をのせていく手法は、無線とは違った美を表出し、濤川と並んで七宝界の双璧(そうへき)とたたえられた。90年の内国勧業博覧会に出品して妙技一等賞を受けたのを皮切りにその地歩を固め、96年には帝室技芸員に推挙された。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の並河靖之の言及

【七宝】より

…現在この付近は七宝町と呼ばれて存在している。梶の出現で七宝工芸は大きく飛躍し,彼の弟子の塚本貝助(1828‐97)は,明治初年来日したドイツ人ワーグナーGottfried Wagner(1830‐92)の指導でその技術を大きく改良させ,さらに東京の濤川惣助(なみかわそうすけ)(1847‐1910)は無線七宝を考案,京都では並河靖之(なみかわやすゆき)(1845‐1927)が日本画風の七宝に特色を出し,名古屋では安藤重兵衛(1876‐1953)らが出て盛況を呈した。【由水 常雄】
[西洋]
 古代における七宝については不明な点が多い。…

※「並河靖之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

並河靖之の関連キーワード埼玉県川越市川越浅岡芳所浅田信興尾高次郎清水新助鈴木庸寿永島亀巣桃井英升山崎豊(1)連的

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

並河靖之の関連情報