炭酸マグネシウム(読み)たんさんマグネシウム(英語表記)magnesium carbonate

  • 炭酸マグネシウム magnesium carbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学式 MgCO3 。天然にはマグネサイト (菱苦土鉱) として産出する。マグネシウム塩溶液に炭酸ナトリウムを加えて得られる炭酸塩は,塩基性塩 (MgCO3)4・Mg(OH)2・5H2O で,これを工業上あるいは薬用上で炭酸マグネシウムと呼ぶ。無水塩 MgCO3 は菱面体の結晶で,比重 3.04。水に難溶,酸および二酸化炭素水溶液に可溶。熱あるいは酸により容易に分解し,二酸化炭素を放出するので,二酸化炭素発生源に用いられる。3水塩 MgCO3・3H2O は無色斜方晶系結晶,100℃で脱水する。断熱材,研磨材,おしろい,歯磨き粉に用いられるほか,ミネラルウォーター,顔料,紙などの製造に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

化学式MgCO3。天然にはリョウ苦土鉱(マグネサイト)として産出し,またドロマイト(白雲石,苦灰石)は炭酸カルシウムとの複塩MgCO3・CaCO3である。マグネシウム塩の水溶液に炭酸アルカリを加えると,mMgCO3・Mg(OH)2nH2O(m=3~5,n=3~7)の組成をもつ塩基性炭酸マグネシウムの白色沈殿を生ずる。薬用・工業用には,これを炭酸マグネシウムと呼ぶこともある。これを炭酸水素アルカリの濃溶液と長く放置または加熱したり,マグネシウム塩溶液に二酸化炭素を通じながら炭酸ナトリウムを加えると,炭酸マグネシウムの3水和物MgCO3・3H2O(比重1.85)が得られ,これを二酸化炭素気流中で加熱すれば無水和物MgCO3(比重3.03)となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸のマグネシウム塩。炭マグとよばれることがある。天然にはマグネサイト(菱苦土石(りょうくどせき))として産出する。マグネシウム塩の水溶液に二酸化炭素を通じながら炭酸ナトリウムを加えると、通常三水和物として沈殿する。二酸化炭素気流中で乾燥脱水すると三方晶系の無水和物(式量84.3)が得られる(ほかに一および五水和物も知られる)。加熱により容易に分解し、二酸化炭素を放って酸化マグネシウムになる。水にはわずかに溶ける。純水中では次式に従って加水分解するとみなすことができる。

  MgCO3+2H2OMg(OH)2+H2O+CO2
 そのため、二酸化炭素が過剰に存在しない状態でつくったものは一般に4MgCO3・Mg(OH)2・4H2Oに近い組成をもっている。この塩基性塩は炭酸マグネシウムそのものよりも化学的に活発で酸にもよく溶けるので、マグネシウム塩の原料となる。また、微粒子状のものは歯みがき、化粧品、紙、ゴムの充填(じゅうてん)剤に用いられる。医薬に用いるマグネシアアルバもこの物質である。天然のマグネサイトは焙焼(ばいしょう)して酸化マグネシウムとし、耐火物の原料として使用される。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (マグネシウムはmagnesium) マグネシウムの炭酸塩。化学式 MgCO3 無色、菱面(りょうめん)体の結晶。ほかに一・三・五水塩がある。天然には菱苦土(りょうくど)石(マグネサイト)として産出。これを脱水すると無水塩が得られる。加熱すると二酸化炭素を放って分解し酸化マグネシウムとなる。耐火物原料、二酸化炭素の発生原料などに用いられる。
※欧米最新美容法(1908)「炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム〈略〉の如き薬品に香料を加へたものが安全であります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

MgCO3(84.31).天然にはりょう苦土鉱として産出する.マグネシウム塩水溶液に二酸化炭素を通じながら炭酸ナトリウムを加えると三水和物が得られる.二酸化炭素気流中で乾燥すると無水物が得られる.無水物は無色のりょう面体結晶.密度3.04 g cm-3.水に難溶.加熱すると分解して二酸化炭素と酸化マグネシウムを生じる.三水和物は無色の斜方晶系結晶.密度1.85 g cm-3.100 ℃ で無水物となる.炭酸マグネシウムの懸濁水溶液を加熱すると炭酸水酸化マグネシウム(塩基性炭酸マグネシウム)Mg(OH)2・3MgCO3・3H2Oを生じ,このものは無色の斜方晶系粉末.密度2.16 g cm-3.医薬品,歯磨き粉,マグネシアの製造などに用いられる.天然の鉱石は熱分解して酸化マグネシウムとして,耐火物の原料,防火塗料,印刷インキ,肥料として用いられる.[CAS 546-93-0:MgCO3][CAS 39409-82-0:Mg(OH)2・3MgCO3・3H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の炭酸マグネシウムの言及

【制酸薬】より

…炭酸カルシウムの1.0gは1/10規定の塩酸200mlを中和する。炭酸カルシウムと水酸化アルミニウムは便秘を起こす傾向があり,炭酸マグネシウムは下剤作用を有する。実際には,各種制酸薬の利点と欠点を配合のくふうにより相補うような製剤が用いられている。…

※「炭酸マグネシウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭酸マグネシウムの関連情報