コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂犬病(恐水病) きょうけんびょうきょうすいびょう Rabies

翻訳|Rabies

1件 の用語解説(狂犬病(恐水病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょうけんびょうきょうすいびょう【狂犬病(恐水病) Rabies】

[どんな病気か]
 狂犬病にかかっているイヌにかまれ、唾液(だえき)に含まれる狂犬病ウイルスが人間に感染しておこります。
 発病すると、たいていは生命にかかわる悪性の病気です。
 日本、イギリスなどの島国では、イヌの管理が行き届いているので近年、この病気の発生をみていませんが、大陸の諸国では、狂犬病にかかっている野生動物の管理が不可能なため、かなりの発病がみられます。
[症状]
 イヌにかまれてから早ければ10日、おそいと半年くらいたって、かまれた傷あとから、からだの中心にむかって放散する痛み、食欲不振、不眠、唾液の過剰分泌(かじょうぶんぴつ)などで発病します。2~3日たつと興奮しやすくなり、風、光、音、水などの刺激に過剰に反応し、のどから胸にかけての筋肉がけいれんをおこします。しまいには、水を見ただけでこわがり、のどの筋肉がけいれんをおこします(恐水病の病名の由来)。
 やがて、けいれんの発生が少なくなってまひ期に入り、発病後3~5日で呼吸まひで死亡します。
[予防]
 発病してからでは治す薬がありません。したがって、予防がなによりたいせつになります。
 イヌは、狂犬病予防法という法律によって、イヌの登録・鑑札(かんさつ)、予防注射が義務づけられています。
 狂犬病の発生がないので、日本にいるかぎり人間が予防接種を受ける必要はありませんが、狂犬病発生地域(東南アジアインドアフリカ、南米)へ行く人は、ぜひ、予防接種を受けましょう。1980年以降使用されているのは不活化ワクチンで、副作用はほとんどありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

狂犬病(恐水病)の関連キーワード狂犬病ジェンナー狂犬何心地病間病身病友病犬狂犬病予防法斎藤謙郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone