コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

莫大 バクダイ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐だい【×莫大】

[形動][文][ナリ]《これより大なるは莫(な)しの意。古くは「ばくたい」》程度や数量がきわめて大きいさま。「被害は莫大だ」「莫大な財産」
[派生]ばくだいさ[名]
[用法]莫大・多大――「大な(多大な)損害をこうむった」のように相通じて用いられる。◇「莫大」は「額」「量」「財産」など数量としてとらえられるものについて言うことが多い。「莫大な遺産を残す」◇「多大」は「多大な金額」のように用いるほか、「成果」「努力」「困難」などはっきり数量化できないことにも使われる。「多大な(の)恩恵を受けた」「多大な(の)影響を与える」◇「莫大」は連体形が「莫大な」となるが、「多大」は「多大の」の形でも使う。◇類似の語に「甚大」がある。「甚大」はふつう好ましくないことに用いる。「被害甚大」◇三語とも「莫大(多大・甚大)な死者が出た」のような、人数についての使い方はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくだい【莫大】

中国の柏樹の果実。水にもどして海綿状になった果肉をすくいとって、刺身のあしらいなどにする。莫大海。

ばくだい【莫大】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔これより大なるは莫しの意。古くは「ばくたい」〕
程度や数量が非常に大きいさま。きわめて多いさま。 「 -な財産」 「 -な損失」
(副詞的に用いて)非常に。はなはだ。 「懸造・石蔵等今一重は略すべきの間、-御公平となすべき由/満済准后日記」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

莫大の関連キーワードフォントネーのシトー会修道院ベーシックインカム奈良屋茂左衛門麦飯で鯉を釣るファウンドリー島田八郎左衛門キルビー特許満潮に乗って陶朱猗頓の富バブルマネーナイ委員会ロケット機氾濫玄武岩平田靫負あしらい八万地獄錬金術師日野富子万恒河沙阿麻和利

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

莫大の関連情報