コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

莫大 バクダイ

3件 の用語解説(莫大の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばく‐だい【×莫大】

[形動][文][ナリ]《これより大なるは莫(な)しの意。古くは「ばくたい」》程度や数量がきわめて大きいさま。「被害は莫大だ」「莫大な財産」
[派生]ばくだいさ[名]
[用法]莫大・多大――「莫大な(多大な)損害をこうむった」のように相通じて用いられる。◇「莫大」は「額」「量」「財産」など数量としてとらえられるものについて言うことが多い。「莫大な遺産を残す」◇「多大」は「多大な金額」のように用いるほか、「成果」「努力」「困難」などはっきり数量化できないことにも使われる。「多大な(の)恩恵を受けた」「多大な(の)影響を与える」◇「莫大」は連体形が「莫大な」となるが、「多大」は「多大の」の形でも使う。◇類似の語に「甚大」がある。「甚大」はふつう好ましくないことに用いる。「被害甚大」◇三語とも「莫大(多大・甚大)な死者が出た」のような、人数についての使い方はない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくだい【莫大】

中国の柏樹の果実。水にもどして海綿状になった果肉をすくいとって、刺身のあしらいなどにする。莫大海。

ばくだい【莫大】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔これより大なるは莫しの意。古くは「ばくたい」〕
程度や数量が非常に大きいさま。きわめて多いさま。 「 -な財産」 「 -な損失」
(副詞的に用いて)非常に。はなはだ。 「懸造・石蔵等今一重は略すべきの間、-御公平となすべき由/満済准后日記」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

莫大の関連情報