コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

莫大 バクダイ

3件 の用語解説(莫大の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばく‐だい【×莫大】

[形動][文][ナリ]《これより大なるは莫(な)しの意。古くは「ばくたい」》程度や数量がきわめて大きいさま。「被害は莫大だ」「莫大な財産」
[派生]ばくだいさ[名]
[用法]莫大・多大――「莫大な(多大な)損害をこうむった」のように相通じて用いられる。◇「莫大」は「額」「量」「財産」など数量としてとらえられるものについて言うことが多い。「莫大な遺産を残す」◇「多大」は「多大な金額」のように用いるほか、「成果」「努力」「困難」などはっきり数量化できないことにも使われる。「多大な(の)恩恵を受けた」「多大な(の)影響を与える」◇「莫大」は連体形が「莫大な」となるが、「多大」は「多大の」の形でも使う。◇類似の語に「甚大」がある。「甚大」はふつう好ましくないことに用いる。「被害甚大」◇三語とも「莫大(多大・甚大)な死者が出た」のような、人数についての使い方はない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばくだい【莫大】

中国の柏樹の果実。水にもどして海綿状になった果肉をすくいとって、刺身のあしらいなどにする。莫大海。

ばくだい【莫大】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔これより大なるは莫しの意。古くは「ばくたい」〕
程度や数量が非常に大きいさま。きわめて多いさま。 「 -な財産」 「 -な損失」
(副詞的に用いて)非常に。はなはだ。 「懸造・石蔵等今一重は略すべきの間、-御公平となすべき由/満済准后日記」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

莫大の関連キーワードあれよあれよ怨望快捷習うより慣れよ忽せよれよれ聊爾勝つは己に克つより大なるはなし離れ様これより三役

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

莫大の関連情報