コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉串 たまぐし

8件 の用語解説(玉串の意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

玉串

神道の神事において神職や参拝者が神前に捧げるもの。主に、榊(さかき)の枝で、紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけていますが、杉の枝などを用いることもあります。古より、榊が栄える(サカエル)に通じることから、「繁木(さかき)」とし、一年を通して緑が衰える事のない常緑樹を用いて来たといわれています。また、神と人との境であることから「境木(さかき)」とする語源説もあります。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たま‐ぐし【玉串/玉×籤】

《古くは「たまくし」とも》幣帛(へいはく)の一。サカキなど常緑樹の小枝に紙の幣(ぬさ)あるいは木綿(ゆう)をつけ神前に供えるもの。神霊の依ってくるものと考えられることもある。「―奉奠(ほうてん)」
1に用いるサカキ。また、サカキの別名。
「神風や―の葉を取りかはしうちとの宮に君をこそ祈れ」〈新古今・神祇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玉串【たまぐし】

玉籤とも。神前拝礼に供えるサカキの小枝に紙・布の垂(しで)を付けた供物。語義については,玉を貫く串,手向(たむけ)串・霊(たま)串等の説がある。
→関連項目御幣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

葬儀辞典の解説

玉串

榊(さかき)の枝に紙垂(しで)という紙片をつけて、神前に捧げるもの。仏式の焼香にあたる行いのとき用います。■玉串を葉先が左になるように左手で下から右手で上から受け取ります。■玉串の柄を手前に回し、正面にかまえます。■葉先が右、柄が左になるように回し、さらに柄が霊前に向くように回します。■祭壇に両手で供えて、拝礼します。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

たまぐし【玉串】

玉籤(《日本書紀》)とも書く。榊(さかき)の枝に木綿(ゆう)または紙を切ってつくる紙垂(しで)をつけたもの。現在は紙垂か紅白の絹を用い,榊の代りに檜(ひのき)や櫟(いちい)を用いるところもある。神前に敬意を表し,神意を受けるために,祈念をこめてささげるもの。榊の葉表を上に,もとを神前に向けて案上に供える法と,葉表を神前に向け,もとを台(筒)にさしたててたてまつる方法とがあり,たてまつったら,二礼,二拍手,一礼の作法にて拝礼を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たまぐし【玉串】

木綿ゆうまたは紙をつけて神前にささげる、榊さかきの枝。 「 -をささげる」
植物サカキの異名。 「神風や-のはをとりかざし/新古今 神祇

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉串
たまぐし

太 (ふと) 玉串,八十 (やそ) 玉串ともいい,普通,さかきの枝に木綿 (ゆう。楮布) ,または垂 (しで。紙垂,四手) を掛けて神前に供するものをいう。幣帛 (へいはく) の一種。幣には財物,採物 (とりもの) ,祭壇の表示,呪力ある樹枝の4つの系統があり,玉串はこれらの機能の象徴と考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉串
たまぐし

玉籤とも書く。美称して太(ふと)玉串、八十(やそ)玉串などともいう。榊(さかき)の枝に紙の垂(しで)(四手)および麻(皇族のときは紅白の絹垂(きぬしで))をつけたもの。仏教儀礼における仏前での焼香(しょうこう)に対して、これは神前や祖霊に参拝するときに奉る(玉串奉奠(ほうてん))もので、神道(しんとう)儀礼の一特色である。なお、榊のない地方では、檜(ひ)や櫟(いちい)の枝などが用いられる。また、木札もしくは紙札に、神霊の移るものとして○○太玉串と書き、神符や守札のごとく、神社から授与されることもある。玉串の語義は、玉を取り付けた串、手向串(たむけぐし)、霊串(たまぐし)などの説があり、玉は美称とする説もある。玉串を奉奠する作法は、小枝のもとのほうを神前に向けて奉り、二礼・二拍手・一礼をする。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の玉串の言及

【形代】より

…木串に紙や布帛を付けた御幣は,神に捧げる財物と依り代との二つの意味をもつ。後者は神霊を勧請する習俗が普及するにつれて一般化したもので,本来は手にとって動かす神霊の依り代であり,玉串などにより本来的姿をとどめており,紙の普及する以前の姿は削掛け等に認められる。 人の形を模した人形(ひとがた)も本来は神霊の表象で,神霊を送るために人形を作る習俗は道祖神祭り,疫病送り,虫送りなどの各種の行事にみられ,山車や屋台に作られる人形(にんぎよう)も神の送迎を示す形代が本来の姿であった。…

【花】より

…これを神霊の依代にしたのが初めらしく,アイヌのイナウがその古形をとどめている。この削りかけがもとになって棒の先に紙の御幣をつけた玉串(たまぐし)と,造花がつくられるようになった。その造花は平安時代のころは絹を材料にし,のちにはさまざまな色に染めた紙を使うようになった。…

※「玉串」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉串の関連キーワード寿詞榊・賢木榊原書紀三部本書真榊さかきた榊原琴洲榊原政恒

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉串の関連情報