コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王朝国家 おうちょうこっか

百科事典マイペディアの解説

王朝国家【おうちょうこっか】

日本史上,律令国家(支配の基本が戸籍計帳による個別人身支配にある)に対し,10世紀以降地税中心の税制になった国家で,12世紀末まで(11世紀中期までとする説もある)の国家形態をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王朝国家
おうちょうこっか

律令(りつりょう)国家が崩壊したあと、中世国家に至るまでの時期、10~12世紀の国家支配のあり方を示す用語。律令国家支配は10世紀に入るころには行き詰まっており、鎌倉幕府が成立する12世紀末までの約300年間の国家支配を、律令国家と称することは躊躇(ちゅうちょ)されていた。1956年(昭和31)高尾一彦が王朝国家という用語を使ったが、58年戸田芳実(よしみ)が王朝国家という用語を、律令国家から中世国家に至る間の国家として概念づけた。律令国家支配の基本であった個別人身支配原則が放棄されて、田地に対する賦課(ふか)を基本とする税制体系へ転換した10世紀初頭から、諸国の国司の支配下において律令制支配は変化した。もはや律令国家とよぶのは適当でない。朝廷内部ではその後も律令の制度が残存していたが、そのような朝廷のあり方をいうならば、中世や近世にも律令の制度が残存していた。王朝国家とは、諸国で国司の支配下のあり方からたてられた概念である。
 王朝国家が10世紀初頭に始まることはほぼ異論がないが、下限については、11世紀中期までとする説と、12世紀末の鎌倉幕府成立までとする説とがある。それは、中世の開始をどのように解するかで下限の設定を異にするのである。12世紀末までとする説では、11世紀40年代でくぎって、前期王朝国家と後期王朝国家とする。国家支配体制からたてられた王朝国家概念は、従来の政治史からいわれた摂関(せっかん)時代、院政時代という時代区分とは異なる視角から提起されたものだが、摂関時代、院政時代という時代区分から考えられてきた国政の変化などは、王朝国家の観点から再検討されるべきものが少なくない。[坂本賞三]
『坂本賞三著『日本王朝国家体制論』(1972・東京大学出版会) ▽坂本賞三著『日本の歴史6 摂関時代』(1974・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の王朝国家の言及

【中世社会】より

…こうした相違は支配者の秩序においても顕著であり,職能の世襲される傾向の強かった西国では,さまざまなレベルの職掌を世襲的に請け負う〈(しき)の重層的体系〉が諸権門による荘園・公領の支配体制として顕著な発達をみせたのに対し,東国においては職はきわめて単純でほとんど発達せず,むしろ惣領制的な一族関係を基礎とする主従制を支柱として,荘園・公領が維持されたのである。日本列島の主要部に,境相論(さかいそうろん)の裁定権,交通路の支配権などの統治権を分割した,鎌倉幕府(東国国家)と,王朝国家(西国国家)の二つの国家があったことを主張する説は,こうした事実を前提としている。そして東国の中では東北,西国のなかでは九州が,それぞれ自立した政治権力を成長させうるだけの伝統と基盤とをもっていた。…

※「王朝国家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王朝国家の関連キーワード平忠常の乱不輸・不入大名領国制ウマイヤ朝摂関政治坂上明基鎌倉幕府良渚文化所当官物平安時代国衙領中世法富豪層田図抗租百姓海賊王莽国役天子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android