コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【瓊】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) [訓]たま に
たま。「瓊玉
玉のように美しい。「瓊筵(けいえん)瓊姿
[難読]瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

に【×瓊】

玉。特に、赤く美しい玉。
「五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の―の綸(を)を」〈神代紀・上〉

ぬ【×瓊】

玉。赤色
「―な音(と)ももゆらに、天(あめ)の真名井(まなゐ)に振りすすぎて」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

に【瓊】

たま。赤色の玉。 「八坂やさか-の五百箇の御統みすまる/日本書紀 神代上訓

ぬ【瓊】

玉。 「天の-矛/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瓊の関連キーワードコノハナノサクヤヒメ(木花開耶姫)天石戸別神・天石門別神天津彦彦火瓊瓊杵尊【さる】田彦大神天壌無窮の詔勅皇御孫・皇孫海幸・山幸天忍穂耳尊天津久米命木花開耶姫英彦山神宮チンシャン天火明命天孫降臨璽の御筥蔵田花子天つ御祖平井連山瓊瓊杵尊五伴緒神

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓊の関連情報