コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町田[市] まちだ

百科事典マイペディアの解説

町田[市]【まちだ】

東京都南端の市。1958年市制。多摩丘陵上にあり,西は相模原に臨む。江戸時代は本町田が市場町として栄えたが,現在は明治末に開通の横浜線と昭和初期に開通の小田急電鉄が交差する原町田が中心。
→関連項目小山田荘玉川学園和光大学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちだ【町田[市]】

東京都南端にある近郊都市。1958年市制。人口36万0525(1995)。境川を隔てて神奈川県相模原市と接する。市域の大半は多摩丘陵上にあり起伏に富む。中世には秩父氏の一族小山田氏の居館があった。また鎌倉と上州方面を結ぶ鎌倉街道の武蔵路が通り,小野路などの宿駅が栄えた。江戸時代には原町田や本町田で定期市が開かれるようになり,生糸などが取引された。横浜開港とともに原町田は八王子との交通中継点として宿場町のにぎわいをみせた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

町田[市]の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android