白井 光太郎(読み)シライ ミツタロウ

20世紀日本人名事典 「白井 光太郎」の解説

白井 光太郎
シライ ミツタロウ

明治〜昭和期の本草学者,植物病理学者 東京帝国大学名誉教授



生年
文久3年6月2日(1863年)

没年
昭和7(1932)年5月30日

出生地
江戸

出身地
越前国福井(福井県)

学歴〔年〕
東京帝大理科大学植物学科〔明治19年〕卒

経歴
福井藩士の子。藩主松平春嶽より英語を学び、東京英学校、東大予備門を経て、帝大に入る。明治19年駒場高等農林教授を経て、23年農科大学(現・東大農学部)助教授、40年帝大農学部教授に就任。その間32年ドイツに留学。大正14年退官し、名誉教授。日本における植物病理学の創始者の一人で、桜のテングス病などの研究で有名。コケの研究や樹木学にも足跡を残した。本草学史の研究では先駆者であり、「日本博物学年表」は日本初の生物学史書。人類学会創立にも参加、坪井正五郎とのコロボックル論争は有名。また、自然保護を訴え、史跡名勝天然記念物保存法の制定に尽力した。著書に「最近植物病理学」「植物妖異考」「本草学論考」「植物渡来考」「樹木和名考」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「白井 光太郎」の解説

白井 光太郎 (しらい みつたろう)

生年月日:1863年6月2日
明治時代-昭和時代の植物学者。東京帝国大学教授
1932年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android