盲僧(読み)モウソウ

世界大百科事典 第2版の解説

もうそう【盲僧】

おもに地神経(じしんきよう)を読誦し,竈祓(かまどばらい)をして歩く琵琶法師。《平家物語》を語る琵琶法師が〈当道(とうどう)〉と称し,久我(こが)家の支配下に自治組織を確立していたのに対し,盲僧は仏説座頭(ざとう)とも称して中国西部や九州地方に活躍,比叡山正覚院の支配を受けた。外来楽器の琵琶を奏する盲僧は,すでに奈良時代には存在したと思われるが,中世初頭に《平家物語》を語る平曲を表芸とする一団が活躍して地神経や荒神経を読んで地神や竈神(かまどがみ)をまつる盲僧から分離した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めくらそう【盲僧】

盲人の僧。特に近世、僧形の盲人または盲人ではないが、座頭と同じ仕事をしている者。

もうそう【盲僧】

(一般に)盲目の僧侶。
天台宗の支派に属する特殊な盲目の僧侶。笹琵琶ささびわを携えて村々の各戸を訪れ、琵琶の弾き歌いで地神経じしんきようを読唱して竈祓かまはらいをすることを業とし、余技に語り物などを演奏する。九州に多く、薩摩盲僧と筑前盲僧の二系列に大別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の盲僧の言及

【早物語】より

…〈てんぽう物語〉〈てんぼ〉ともいう。室町時代には《平家物語》を語る(平曲)琵琶法師の弾奏の間に,盲僧の供をする修業中の小法師などが語った。平曲のもつ荘重な雰囲気をなごませる間(あい)の語りで,近世には浄瑠璃の間にも語られた。…

【琵琶】より

…また,宮廷や寺社を背景とする雅楽とは別の世界の民間では,語り物芸能としての平家琵琶(平曲)の伝統が生まれた。(2)盲僧琵琶 さらに雅楽や平曲とは異なる伝統による琵琶楽が宗教音楽としてもすでに奈良時代から行われていたらしい。それは北九州を中心に西日本に散在していた盲僧琵琶(盲僧)である。…

【盲人】より

…このような者は貴と賤の両義を未分化のまま内に含んでおり,人々にとって怖れ忌避すべき対象であるとともに霊異の存在として畏(おそ)れ崇(あが)める対象でもあったのである。11世紀の日本の説話集に経を読誦して病をいやし,あるいは旱損の田畠に水を呼び,民衆の崇敬を集めた盲僧の話が伝えられている。古代の記録にみえる盲人はこうした呪術宗教者か,あるいは境の地にたむろし,寺の辺りに立って食を乞う浮浪の徒であったが,古代人は乞食の唱えるわずかの寿言(ほぎごと)にさえ呪力を感じ,その背後に神仏の姿をみていた。…

※「盲僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android