コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割愛 カツアイ

2件 の用語解説(割愛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かつ‐あい【割愛】

[名](スル)
惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。「紙数の都合で割愛した作品も多い」
公務員が、他の自治体や民間企業などへ籍を移すこと。また、大学の職員が、他大学へ籍を移すこと。手続きの形式上、移籍先が「人材を割愛してほしい」と申請することから。「割愛願い」「割愛申請書」
愛着の気持ちを断ち切ること。恩愛や煩悩(ぼんのう)を捨て去ること。
「―出家の沙門、何ぞ世財をあらそはん」〈沙石集・九〉
[補説]1について、文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「惜しいと思うものを手放す」で使う人が17.6パーセント、本来の意味ではない「不必要なものを切り捨てる」で使う人が65.1パーセントという逆転した結果が出ている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつあい【割愛】

( 名 ) スル
惜しいと思いながら、捨てたり省略したりすること。 「各論は-する」
公務員が、一定の手続きによって他の自治体や大学・民間企業などへ身分を移すこと。 「 -願い」
愛着の気持ちを断ち切ること。 「佇立多時の後、遂に-して林間の路に入れば/日光山の奥 花袋

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

割愛の関連情報