コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間引く マビク

デジタル大辞泉の解説

ま‐び・く【間引く】

[動カ五(四)]
野菜などを十分に生育させるために、間を隔てて抜いて、まばらにする。うろぬく。「ダイコンを―・く」
口べらしのため、嬰児(えいじ)を殺す。
本来あるべきものを省く。「電車を―・いて運転する」
[可能]まびける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まびく【間引く】

( 動五[四] )
不良のものを除いたり、間隔を保ったりするため、密生している農作物を適当に抜き取る。うろぬく。 「菜を-・く」
口べらしのために生まれたばかりの子を殺す。 「子供を-・く」
ところどころ省く。 「バスを-・いて運転する」
[可能] まびける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

間引くの関連キーワードPsychovisual Enhancementsトランスレーティングトランスコード圧縮エコノミーモードトランスレートレモンバーム人工林と間伐脂肪吸引法有力な方言ヒマワリチーゼルヒコ生え疎抜く間伐材中抜き電車摘花摘果万引バス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間引くの関連情報