大塚古墳(読み)おおつかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

大塚あるいは大塚山(大塚山古墳)とよぶ古墳は各地にある。前方後円墳にかぎらず,円墳のばあいにもあるのは,単純に墳丘の規模が大きいことによって命名したからであろう。特に上平川(静岡県),駒形(栃木県),志段味(しだみ)(愛知県),寺戸(京都府),野毛(東京都),妙前(長野県)の大塚古墳は,それぞれ重要な副葬品を出土している。なおほかにも,広陵大塚古墳のように,新山(しんやま)古墳別名で有名なものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android