大塚古墳(読み)おおつかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

おおつかこふん【大塚古墳】

大塚あるいは大塚山(大塚山古墳)とよぶ古墳は各地にある。前方後円墳にかぎらず,円墳のばあいにもあるのは,単純に墳丘の規模が大きいことによって命名したからであろう。特に上平川(静岡県),駒形(栃木県),志段味(しだみ)(愛知県),寺戸(京都府),野毛(東京都),妙前(長野県)の大塚古墳は,それぞれ重要な副葬品を出土している。なおほかにも,広陵大塚古墳のように,新山(しんやま)古墳別名で有名なものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塚古墳の関連情報