コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚古墳 おおつかこふん

2件 の用語解説(大塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおつかこふん【大塚古墳】

大塚あるいは大塚山(大塚山古墳)とよぶ古墳は各地にある。前方後円墳にかぎらず,円墳のばあいにもあるのは,単純に墳丘の規模が大きいことによって命名したからであろう。特に上平川(静岡県),駒形(栃木県),志段味(しだみ)(愛知県),寺戸(京都府),野毛(東京都),妙前(長野県)の大塚古墳は,それぞれ重要な副葬品を出土している。なおほかにも,広陵大塚古墳のように,新山(しんやま)古墳の別名で有名なものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大塚古墳の関連キーワード会津大塚山古墳大塚真土大塚山古墳椿井大塚山古墳大塚山古墳山城[町]河内大塚山古墳大阪府松原市西大塚大塚山祇園大塚山古墳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塚古墳の関連情報