コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砥用[町] ともち

2件 の用語解説(砥用[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

砥用[町]【ともち】

熊本県中央部,下益城(しもましき)郡の旧町。緑川上流の山地を占め,かつては五家荘(ごかのしょう)方面との取引地。山林が広く,スギ,ヒノキを産し,木材加工業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ともち【砥用[町]】

熊本県中央部,下益城(しもましき)郡の町。人口8208(1995)。緑川中流域を占め,南は九州山地の目丸山(1341m),京丈山(1473m),雁俣(かりまた)山(1315m)などに囲まれる。古来,熊本と延岡を結ぶ街道(現,国道218号線)の要地で,街道沿いに町並みが発達している。かつては五家荘方面の茶,シイタケと平野部の米,塩,干魚などの取引が盛んであった。町域の大半を山林が占め,杉,ヒノキの林業が盛んで,製材などの工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砥用[町]の関連キーワード八代熊本県立大学平成音楽大学下諏訪熊本空港通潤橋増村益城矢島鶴子矢島直方矢野幸左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone