磁気化学(読み)じきかがく(英語表記)magnetochemistry

世界大百科事典 第2版の解説

じきかがく【磁気化学 magnetochemistry】

物質の磁気的性質を測定して,これを化学の問題解決に役立てる物理化学の一分野。反磁性体常磁性体区別はM.ファラデーによって発見されたが,磁化率を物質の化学構造および化学反応と結びつける研究が行われたのは19世紀末以降のことである。電子の軌道半径に関係する反磁性は,常磁性体が示す磁化率にもその寄与が含まれる。反磁性体の磁化率は磁場の強さに無関係で,一般に温度にもほとんど影響されない。物質1mol当りの反磁性磁化率は,構成原子の種類と数,およびそれらの間の化学結合の性格に依存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

磁気化学
ジキカガク
magnetochemistry

物質の磁気的性質を利用して化学の問題を取り扱う物理化学の一分野.元来,反磁性および常磁性物質の磁化率を測定し,物質の化学的構造および化学反応の研究を行うことが主であった.たとえば,反磁性物質についてはパスカルの加成則があり,他方,常磁性物質(常磁性イオン,遊離基,常磁性錯体,三重項状態など)については,これらがもつ不対電子の数や状態が明らかにされてきた.しかし,近年は同じく物質の磁気的性質の利用ではあるが,磁化率測定以外の,常磁性共鳴(あるいは電子スピン共鳴)吸収や核磁気共鳴吸収など,磁場内におかれた不対電子あるいは原子核磁気モーメント電磁波の相互作用を利用する新しい有力な方法が急速に発展し,これらは従来の磁化率測定を主とする磁気化学とは一応別の分野あるいは化学研究の手段となっている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android