コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気化学 じきかがくmagnetochemistry

2件 の用語解説(磁気化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気化学
じきかがく
magnetochemistry

物質の磁気的性質を測定して化学構造,物性,反応を研究する化学の一部門。磁気共鳴吸収の測定法の発達に伴い,研究の対象は拡大され,物理化学の重要な部門を構成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきかがく【磁気化学 magnetochemistry】

物質の磁気的性質を測定して,これを化学の問題解決役立てる物理化学の一分野。反磁性体常磁性体の区別はM.ファラデーによって発見されたが,磁化率を物質の化学構造および化学反応と結びつける研究が行われたのは19世紀末以降のことである。電子の軌道半径に関係する反磁性は,常磁性体が示す磁化率にもその寄与が含まれる。反磁性体の磁化率は磁場の強さに無関係で,一般に温度にもほとんど影響されない。物質1mol当りの反磁性磁化率は,構成原子の種類と数,およびそれらの間の化学結合の性格に依存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone