コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春駒 はるこま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春駒
はるこま

新年に家々をめぐる門付芸の一つ。木でつくった馬の首形にまたがったり,手に持ったりして,祝言を唱えて回る。白馬節会に源をもつとも,蚕業の予祝からきたものともいわれる。江戸時代には広く行なわれ,歌舞伎や邦楽にも取り入れられた。現在では新潟県佐渡市相川地区や山梨県甲州市の一之瀬高橋,沖縄などの民俗芸能にその面影をとどめる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はる‐ごま【春駒】

《「はるこま」とも》
張り子や練り物で馬の頭の形に作ったものに竹をさして胴とし、その端に車をつけた玩具。子供がこれにまたがって遊ぶ。
門付け芸の一。正月に各戸を回り、馬の首の形をしたものを持ったり、また、これにまたがったりして歌い踊るもの。また、その芸人。民俗芸能として新潟県佐渡地方・山梨県甲州市一之瀬などに伝承されている。 新年》
春、野辺に放ち飼いにした馬。
「立ち放れ沢辺になるる―はおのが影をや友と見るらむ」〈後拾遺・春上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

春駒

鹿児島県の名物菓子。晒し餡、餅米粉、うるち米粉、砂糖などを混ぜ円柱状にして蒸し上げたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はるこま【春駒】

民俗芸能の一種。歌舞伎舞踊の曲名また郷土玩具の名称。(1)民俗芸能正月の予祝の門付(かどづけ)芸能。万歳が家の予祝,鳥追(とりおい)が農耕予祝とされたのに対し,春駒は養蚕の予祝とされる。宮廷儀式にある白馬節会あおうまのせちえ)が民俗化したというが不詳。木製の駒の首形を手にした頰かぶり,裁付袴(たつつけばかま)の者が,三味線,太鼓を囃子に〈めでためでたや春の初めの春駒なんぞ,夢に見てさえよいと申す……〉という祝言歌を唱えて家々の門口に舞い込んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はるごま【春駒】

春の野に遊ぶ馬。 「たちはなれ沢辺になるる-は/後拾遺 春上
子供の玩具の一。竹の棒の一端に馬の首形をつけ、他端に車をつけたもので、またがって遊ぶ。また、それを模した人形。
新春に来る門付かどづけ芸人。また、その芸能。駒の首形を手にもち、また胴の前後に首と尾をつけて、三味線・太鼓などで囃はやしつつ祝言の歌を歌い、舞う。現在、佐渡や山梨に残る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

春駒の関連情報