コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突っ張る ツッパル

デジタル大辞泉の解説

つっ‐ぱ・る【突っ張る】

[動ラ五(四)]

㋐ゆるみがなく強くはる。かたくぴんとしている。からだのすじが強くはってかたくなる。「のりがききすぎて浴衣が―・る」「足の筋肉が―・る」
㋑自分の意見を曲げずに強く言い張る。言い分をどこまでも押し通そうとして抵抗する。「自説を通そうとあくまで―・る」
㋒程度が並はずれている。「欲の皮が―・っている」
㋓虚勢をはる。また、不良がかった態度をとる。「あの子はただ―・っているだけだ」「―・っている中学生」

㋐倒れたりしないように棒などを押し当てる。つっかいをする。「塀を棒で―・って補強する」
㋑腕・脚などに力を入れて伸ばし強く押す。「両脚を―・って背中で車を押す」
㋒相撲で、平手で相手を交互に突く。「両力士は立ち合いから激しく―・って出た」
[可能]つっぱれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つっぱる【突っ張る】

( 動五[四] )
〔「つきはる」の転〕
物が倒れたり縮んだりしないように棒などをあてがって支える。 「雨戸を棒で-・る」
筋肉や皮膚が張る。比喩的にも用いる。 「横腹が-・る」 「余り強腹が-・るから/西洋道中膝栗毛 魯文」 「欲の皮が-・る」
相撲で、突っ張りをする。 「立ち合いから-・って出る」
自分の主張を通そうとする。 「妥協せずにあくまで-・る」
不良じみた態度をとって、虚勢をはる。 「 - ・っている高校生」
[可能] つっぱれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

突っ張るの関連キーワードレンノックス・ガストー症候群(レノックス症候群)ウエスト症候群(点頭てんかん)ジムグリガエル子どもの脊髄炎欲の皮が張るチャクワラ諸手突きけいれん破傷風水頭症欲の皮強張る苛らぐ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突っ張るの関連情報