突っ張る(読み)ツッパル

  • つっぱ・る

デジタル大辞泉の解説

[動ラ五(四)]

㋐ゆるみがなく強くはる。かたくぴんとしている。からだのすじが強くはってかたくなる。「のりがききすぎて浴衣が―・る」「足の筋肉が―・る」
㋑自分の意見を曲げずに強く言い張る。言い分をどこまでも押し通そうとして抵抗する。「自説を通そうとあくまで―・る」
㋒程度が並はずれている。「欲の皮が―・っている」
㋓虚勢をはる。また、不良がかった態度をとる。「あの子はただ―・っているだけだ」「―・っている中学生」

㋐倒れたりしないように棒などを押し当てる。つっかいをする。「塀を棒で―・って補強する」
㋑腕・脚などに力を入れて伸ばし強く押す。「両脚を―・って背中で車を押す」
㋒相撲で、平手で相手を交互に突く。「両力士は立ち合いから激しく―・って出た」
[可能]つっぱれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android