コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本染太夫(1世) たけもとそめたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本染太夫(1世)
たけもとそめたゆう[いっせい]

[生]?
[没]天明5 (1785)
義太夫節の太夫。通称伝法屋源七。摂州伝法村の出で木綿売りから転身したと伝えられる。2世竹本政太夫の弟子で,宝暦4(1754)年竹本座に初出座。師の没後に襲名争いが起こるが,明和4(1767)年に政太夫の名跡を竹本中太夫(→竹本政太夫〈3世〉)に譲り,自身は染太夫に戻る。同 4年,経営の悪化した竹本座は退転するが,その後も再興に尽力し,近松半二作『近江源氏先陣館』『伊賀越道中双六』などで好評を博し,明和8(1771)年の『妹背山婦女庭訓』では大あたりをとった。音声無比,産地(うみじ。歌詞の音節を長く伸ばしてうたう場合の母音)運びの名人と称賛され,染太夫風と呼ばれる語り口を残した。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竹本染太夫(1世)の関連キーワードベルトレ三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)コンドルセ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android