竹葉(読み)ちくよう

精選版 日本国語大辞典「竹葉」の解説

ちく‐よう ‥エフ【竹葉】

〘名〙
竹の葉
※懐風藻(751)宴長王宅〈境部王〉「新年寒気尽。上月淑光軽。送雪梅花笑。含清」 〔晉書‐后妃伝上・胡貴嬪〕
の異称。
※菅家文草(900頃)五・酒「竹葉攀多少。梨花酌浅深」
世草子・好色一代女(1686)一「竹葉(チクヨウ)の一滴を玉なす金盃に移し」 〔張協‐七命〕
③ 旅行などのとき、酒を入れて携帯する太い竹。小筒(ささえ)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ (③から転じて) 弁当。
※太平記(14C後)二六「胡籙(えびら)に差たる竹葉(チクヨウ)取出して心閑(しづか)に兵粮仕ひ」

たか‐は【竹葉】

〘名〙 竹の葉。ささば。
万葉(8C後)九・一六七七「大和には聞えもゆくか大我野の竹葉(たかは)刈り敷き廬(いほり)せりとは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「竹葉」の解説

ちくは【竹葉】

石川の日本酒。酒名は、仕込み水に使っていた笹川上流に生い茂るの葉と、酒の別称「竹葉」にちなみ命名純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒をそろえる。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は地元山中の湧水蔵元の「数馬酒造」は明治2年(1869)創業。所在地は鳳珠郡能登町宇出津ヘ。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「竹葉」の解説

竹葉(ちくは)

石川県、数馬酒造株式会社の製造する日本酒。大吟醸酒「美齡」、純米酒「のんべぇ天狗」、本醸造酒「奥能登」などを揃える。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android