コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箒/帚 ハハキ

デジタル大辞泉の解説

は‐はき【×箒/×帚】

《「羽掃き」の意で、古く鳥の羽毛を用いたところからという》ほうき。
「庭はくとて、―を持ちて」〈かげろふ・下〉

ほうき〔はうき〕【×箒/×帚】

《「ははき」の音変化》ちりやごみなどをはく掃除道具。竹の枝・シュロ・ホウキギ・わらなどで作る。
[下接語](ぼうき)草箒毛箒・荒神(こうじん)箒・高野(こうや)箒座箒棕櫚(しゅろ)箒竹箒茶箒手箒羽(はね)箒羽(は)箒葉箒目箒蕨(わらび)箒藁(わら)箒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

箒は、実用的な形になってから形が1000年以上ほとんど変わっていないにも関わらず、屋外での掃き掃除には欠かせない道具として現在でも使われています。また掃除道具としてだけでなく、神様が宿る神聖なものとして様々な言い伝えが残っています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうき【箒】

塵やごみを掃く道具。羽掃き(ははき)あるいは葉掃きの転といわれ,古代から使われている。素材により,わらの芯の藁芯箒,シュロ皮の棕櫚箒モロコシの蜀黍箒,ホウキグサの草箒,竹箒,羽箒などがあり,用途により座敷箒,箒,手箒などがある。手箒にはかまどの煤を払う荒神箒などもある。また庭箒の一種の熊手は,割竹の先端を曲げて熊手状に束ねて長い竹の柄をつけたもので,落葉などを搔き集めるのに使う。箒といっしょに使われるのが塵取りとはたきであるが,塵取りは古くからあり,中世の絵巻などに描かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ほうき

ちりやごみを掃く道具。箒は種類が多く、素材もシュロ、ホウキギ、シダ、モウソウチク、鳥の羽などがあるが、使用場所によって座敷箒、自在箒、外箒、小箒(手箒)に分けられる。座敷箒にはホウキグサをとじた草箒と、シュロ皮を用いたシュロ箒とがあり、腰が強くて畳に適している草箒は、「東京箒」ともいって関東地方で好まれている。またシュロ箒は、当たりが柔らかく、細かいほこりまで吸い取るため化学床にも適し、おもに関西方面で多く使用されている。首が左右へ自由に曲がる自在箒は、きめの細かい階段や家具のすきま掃除などに適し、外箒には玄関やたたきを掃くため、短柄(たんえ)のシダ箒がおもに使われる。また落ち葉をかき集めたりする庭掃き用には竹箒や熊手(くまで)が使われ、ホウキグサを用いた小箒は一名「荒神(こうじん)箒」とよばれているが、これはソファーやカーテンなどのほこり取りや、狭い場所の掃除などに向いている。[阿部絢子]
『古事記』に「箒持(ははきもち)」ということばがみえるように、古くは「ははき」といった。正倉院には、養蚕儀礼用ではあるが、「子日目利箒(ねのひのめのとぎぼうき)」という奈良時代の箒が残っている。これはキク科のコウヤボウキの茎を束ねて根元を革紐(ひも)で結んだもので、ガラスの小玉の飾りがついており、柄はついていない。また、民俗的な伝承が多く、妊婦の腹を箒でなでたり、産室にこれを立てておくと安産になるといった出産に関する信仰が古くからある。これは古くは産室にカニをはわせる習慣があり、そのために箒を使ったことからきており、カニの脱殻作用を霊肉の更新と結び付けた古代人の信仰によるものといわれる。このほか長居の客を帰すのに箒を逆さに立てるとか、箒をまたぐと罰があたるなどというのもある。また箒とともに塵取(ちりとり)も古くからある。板製、紙製などがあるが、形がほとんど変化していない点は箒と共通している。[小泉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箒 (ハハキ・ハハキグサ)

植物。アカザ科の一年草。ホウキギの別称

箒 (ホウキ)

動物。腔腸動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の箒/帚の言及

【すす払い(煤払い)】より

…年末に屋内の煤を払い,大掃除すること。最近では大晦日近くにするようになったが,近世以降12月13日と決めていた所が多い。かつてこの日に正月用の松迎えや節木伐りをする風が広くあり,また正月用の米をつくとか奉公人の出替り日としていた所があるなど,13日は新年の準備開始の日であった。この日を煤取節供,煤掃きの年取と呼ぶ所があるように,煤払いは単なる大掃除という以上に年間の厄を取りはらう重要な折り目であった。…

【呪】より

…呪術,呪法ともいい,英語のmagicに相当する。まじないは,人間がある特定の願望を実現するために直接的または間接的に自然に働きかけることをいうが,その願望を実現するために事物に内在する神秘的な力,霊力を利用するのである。科学が客観的に事物に存在する力や法則を使うのに対し,まじないでは主観的に内在すると信じられている霊力を動員し利用する。呪力は事物の中に存在し,そこから独立できないでいると信じられる超自然的な力である。…

※「箒/帚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箒/帚の関連キーワード東明 柳舟(初代)利根沼田の座敷箒酒は憂いの玉箒クィディッチバタービール都賀の座敷箒きびがら細工大穂のほうき桑箒・鍬箒多麻婆波伎那須野ヶ原虫籠・虫篭茶掃き羽松尾宗二サガギクシーカー箕箒の妾百姓往来掃付け壁バジリコ