算木(ト占)(読み)さんぎ

百科事典マイペディアの解説

算木(ト占)【さんぎ】

(えき)による占いに用いる道具。中国では卦子(かし)とも。1.5cm角で長さ9cmくらいの6本の棒で一組を成し,棒の2面は黒色で陽爻(ようこう)(―)を,他の2面には中央に溝を掘り赤色などで目印をつけ陰爻(いんこう)(−−)を表す。筮竹(ぜいちく)の操作により得た爻を上から順番に並べ卦を作る。6爻を得るためには,18回の筮竹の操作が必要で,その記憶のため考案されたものといわれる。
→関連項目八卦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android