コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞆淵八幡神社 ともぶちはちまんじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞆淵八幡神社
ともぶちはちまんじんじゃ

和歌山県紀の川市にある石清水八幡宮の別宮。旧県社。祭神は応神天皇仲哀天皇,姫大神。 11世紀初めまでに成立していたとされる鞆淵荘 (紀の川市鞆淵) にあり,荘園は鞆淵薗とも呼ばれ,平安および鎌倉時代には石清水八幡宮の領地であった。その荘内の中央に勧請されたものがこの神社である。安貞2 (1228) 年に石清水より贈られた神輿は,当時の様式に近いもので,国宝に指定されている。なお,元弘3=正慶2 (1333) 年に後醍醐天皇によって,『御手院縁起』の四至内と位置づけられ,それ以降,高野山 (→金剛峯寺 ) に寄贈され,中世末まで高野山の支配を受けたという。本殿と大日堂は国指定重要文化財。例祭は 10月 15日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鞆淵(ともぶち)八幡神社

和歌山県紀の川市にある神社。創祀は1228年。祭神は応神天皇、仲哀天皇、比売大神(ひめのおおかみ)。社殿、大御堂は国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone