コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗削り/荒削り アラケズリ

デジタル大辞泉の解説

あら‐けずり〔‐けづり〕【粗削り/荒削り】

[名・形動](スル)
木などをざっと削ること。また、そのもの。「―した材木」
物事の質や内面などが洗練されていないこと。仕事の出来上がりなどが大まかなこと。また、そのさま。「―の新人選手」「―な原稿」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

粗削り/荒削りの関連キーワード円空(1632~95)マラボリア家の人びと荒仕子・粗仕子・粗鉋高千穂神楽面電動工具土肥孝司平らげるごつごつ荒鉋石斧

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android