コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雑把 オオザッパ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ざっぱ〔おほ‐〕【大雑把】

[形動]
細部にまで注意が届かず、雑であるさま。「大雑把な仕事ぶり」
細部にわたらず、全体を大きくとらえるさま。おおまか。「大雑把な見積もりを出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおざっぱ【大雑把】

( 形動 )
細かいところまで注意が行き届かないさま。粗雑。 「 -な計画」 「 -な性格」
細かいところを気にせず全体を大づかみにするさま。大体。あらまし。 「 -に話す」 「 -に見積もる」 〔類義の語に「大まか」があるが、「大まか」は細かい点にはこだわらず物事のだいたいをとらえている意を表す。それに対して「大雑把」は物事を行うのに細かな点にまで注意が行き届かない意を表す〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大雑把の関連キーワードカテゴリー・マネジメント電子記録債権法の成立コール・ド・バレエモダン・バレエプリンシパルページモードエトワールソリストあらましプリマ大まか細部不束派生物事

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大雑把の関連情報