丼勘定(読み)どんぶりかんじょう

精選版 日本国語大辞典「丼勘定」の解説

どんぶり‐かんじょう ‥カンヂャウ【丼勘定】

〘名〙 (元、職人などが、どんぶり(丼)②または③の中に金を入れておいて、無造作に出し入れして使ったところから) 手元にあるにまかせて、帳面にもつけないで、気ままに支払いをすますこと。おおまかに金の出し入れをすること。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「小商い丼勘定のありがたさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「丼勘定」の解説

どんぶり‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【丼勘定】

細かく計算などをしないで、おおまかに金の出し入れをすること。昔、職人などが、腹掛けどんぶりから無造作に金を出し入れして使ったことからいう。
[類語]粗粗あらあら粗らかざっとおよそおおよそおおむねあらかたあらまし粗い粗っぽい粗削り生硬粗放粗略粗雑粗笨そほん雑駁大ざっぱ大掴み大まかラフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android