コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丼勘定 ドンブリカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

どんぶり‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【丼勘定】

細かく計算などをしないで、おおまかに金の出し入れをすること。昔、職人などが、腹掛けどんぶりから無造作に金を出し入れして使ったことからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どんぶりかんじょう【丼勘定】

〔職人が腹掛けのどんぶりに金を入れて無雑作に出し入れしたことから〕
細かく収支を勘定せず、あるにまかせて無計画に金を使うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丼勘定の関連情報