丼勘定(読み)ドンブリカンジョウ

  • どんぶりかんじょう ‥カンヂャウ
  • どんぶりかんじょう〔カンヂヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (元、職人などが、どんぶり(丼)②または③の中に金を入れておいて、無造作に出し入れして使ったところから) 手元にあるにまかせて、帳面にもつけないで、気ままに支払いをすますこと。おおまかに金の出し入れをすること。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「小商い丼勘定のありがたさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android