大凡/凡(読み)オオヨソ

デジタル大辞泉の解説

おお‐よそ〔おほ‐〕【大凡/凡】

[名・形動]
だいたいのところ。あらまし。「計画の―を説明する」
ひととおりであること。普通。
「ひととせはいたく―にこそおもしろしと見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉
[副]
細部にこだわらず概略を判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「―一〇年ぐらい前」「事情は―見当がつく」
話を切り出すときの言葉。全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「―国家としての独立を望まない者はいまい」
大体(だいたい)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおよそ【大凡】

( 名 )
物事のあらまし、大要。 「これまでの経過の-を説明する」
( 副 )
くわしくは分からないが、また、はっきりは言えないが、その推測はかなり確かであるさま。大体。およそ。 「犯人は-見当がついている」 「二人の意見は-のところ一致した」
話を切り出すときに用いる語。総じて。大体。 「 -現代の教育は知育にかたよりがちであるが…」
強調の気持ちを表す語。全く。およそ。 「毎日に法を行ふ事断たず、-、三業を調へて六根に犯す所なし/今昔 17
すべてを合計して。 「筆を絶たることは、-に五十八巻/玄奘法師表啓 平安初期点
( 名 ・形動ナリ )
世間並みであること。月並であること。また、そのさま。 「さしもあるまじき-の人さへ/源氏 御法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android