(読み)きゅう

精選版 日本国語大辞典「級」の解説

きゅう キフ【級】

[1] 〘名〙
(イ) 段階。進歩の程度によって設けた位。等級。
(ロ) 学校で同一の学年、学級、クラス、組。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「算術の勝負や清書の点取ではややもすると敗北するが、其でも級の第一を占めて居た」
② 階段の一つ一つの段。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「階子あり、級を拾ふて上るべし」
[2] 〘接尾〙
① (中国で、秦の時代、敵の首を一つ斬れば爵一級を与えられるというところから) 戦争で斬った首の数をかぞえるのに用いる。
※幸若・本能寺(室町末‐近世初)「残る凶徒の頸をば千七百余きう」 〔史記‐平準書〕
② 学校で、学級を数えるのに用いる。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「太田豊太郎といふ名はいつも一級の首にしるされたりしに」
③ 階段の一つ一つの段を数えるのに用いる。
※台記‐保延二年(1136)一二月一三日「主人先昇階、一級して脱履、傍東欄、四五級昇後」
④ 珠算、柔・剣道など免許状を発行するようなものについて、程度、段階などを表わすのに用いる。また、もと酒の等級についてもいった。「珠算三級」「一級建築士」
⑤ 名詞に付けて、その程度であることを表わすのに用いる。
※星座(1922)〈有島武郎〉「おたけさん級の娘なら」
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和八年(1933)二月「堂々として、大臣級の人だと思はれた」
⑥ 写真植字の字体の大きさをいう単位。四分の一ミリメートルを一級とする。〔実用印刷技術(1957)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「級」の解説

きゅう〔キフ〕【級】

[名]
物事を上下の地位・段階に分ける区切り。階級。等級。「柔道のが上がる」
学校で、同一の学年。また、学級。組。クラス。「彼はぼくより一つが上だ」
写真植字文字の大きさの単位。一級は4分の1ミリ。
[接尾]
名詞に付いて、その程度であることを表す。「国宝の重要文化財」
珠算や柔・剣道など、技能の段階に応じて免許状を発行するようなものについて、その程度・段階などを表すのに用いる。「珠算三」「二整備士」
軍艦や自衛隊の艦船における同型艦のまとまりを表す。一般に、その級で最初に建造された艦の名を冠する。「超」「ニミッツ航空母艦」
助数詞
㋐学校で学級を数えるのに用いる。「一学年を五に分ける」
㋑階段の一つ一つを数えるのに用いる。
「入口の石段を二三―上ると」〈芥川・仙人〉

きゅう【級】[漢字項目]

[音]キュウ(キフ)(呉)(漢) [訓]しな
学習漢字]3年
一段一段と区切られた順序。「下級階級高級初級昇級上級進級低級等級特級
学校のクラス。組。「級長級友学級原級同級
うちとった首。「首級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「級」の解説

文字の大きさを表わす単位。メートル基準で、1級は4分の1mm(0.25mm)。写植システムから生まれた単位で、おもに商業デザイン分野で使われている。Qと表記することもある。字送り行送りを表わす場合も4分の1ミリ単位だが、こちらは「」と呼ぶ。歯は「H」と表記することもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android