コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅茶苦茶 メチャクチャ

デジタル大辞泉の解説

めちゃ‐くちゃ【滅茶苦茶】

[名・形動]《「くちゃ」は語調を整えるために添えた語。「苦茶」は当て字》
まったく筋道が通らないこと。度外れなこと。また、そのさま。めちゃめちゃ。「滅茶苦茶なストーリー」「滅茶苦茶な値段」
どうにもならないほどにこわれたり、混乱したりすること。また、そのさま。めちゃめちゃ。「せっかくの集まりを滅茶苦茶にする」「書類の順序が滅茶苦茶だ」
[補説]近年、「―楽しい」「―怒られる」のように、副詞的に用いて、程度のはなはだしいさまの意を表す例が増えている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めちゃくちゃ【滅茶苦茶】

( 名 ・形動 )
〔「めちゃ」を強めた語。「滅茶苦茶」は当て字〕
まるで道理に合わないさま。筋道の通らないさま。めちゃめちゃ。 「 -な話」
程度のはなはだしいさま。めちゃめちゃ。 「町は-に破壊された」 〔「 -おもしろい」などと、俗に副詞的にも用いる〕
非常に混乱したさま。めちゃめちゃ。 「話し合いが-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅茶苦茶の関連キーワードストーリー滅茶滅茶話し合いくちゃ当て字度外れ順序滅茶筋道語調

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅茶苦茶の関連情報