鼎の沸くが如し(読み)かなえのわくがごとし

精選版 日本国語大辞典「鼎の沸くが如し」の解説

かなえ【鼎】 の 沸(わ)くが如(ごと)

かなえの中のがわきかえるように、多くの人が騒ぎたてて混乱するさまにいう。蜂の巣をつっついたよう。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「四辺(あたり)のこん雑は宛然(さながら)(カナヘ)の沸(ワク)がごとし」 〔左思‐蜀都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼎の沸くが如し」の解説

鼎(かなえ)の沸(わ)くが如(ごと)し

《左思「蜀都賦」注から》鼎の中の湯が沸き返るように、物事が混乱して騒がしいさま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android