コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織地形 そしきちけい

大辞林 第三版の解説

そしきちけい【組織地形】

地質や構造を反映した浸食地形。岩石の種類によって浸食の進む速さが異なるためにつくられる。ケスタ・メサなど。 ↔ 変動地形

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そしきちけい【組織地形 structurally controlled landforms】

諸岩石間の削剝に対する抵抗性の差異に由来する差別削剝の結果として生じた地形(差別削剝地形)の総称。地質構造を強く反映している地形は,従来,構造地形と総称され,最近では火山地形volcanic landform,変動地形tectonic landformおよび組織地形の3種に大別されているが,組織地形には前2者と形態的に類似したものもある。そのため,変動地形を主対象とする一部の日本人研究者が,変動地形と差別削剝地形とを区別して記載するために,組織地形という用語を提案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の組織地形の言及

【構造地形】より

…一方,ニュージーランドや日本のような新しい地質時代(新第三紀の後半以来現在まで)の地殻運動や火山活動が活発な変動帯では,断層や褶曲運動が現在も活発で,地殻内部やマントル上部に原因をもつ地殻運動(地殻変動)に起因する地形が多く認められる。そこで,従来〈構造地形〉として一括されていた地形を,岩石の性質や地質構造を反映した浸食地形と,地殻変動(地殻運動)に起因する地形とに二分することが1950‐60年代にニュージーランドや日本の地形学者によって提唱され,前者を〈組織地形〉,後者を〈変動地形〉とよぶようになった。しかし,一部では従来のように〈構造地形〉の語を厳密に定義せず,組織地形と変動地形との両方に用いている場合があるので注意を要する。…

※「組織地形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

組織地形の関連キーワード十州塩田同盟乾燥地形断層地形ビュート