コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞る/搾る シボル

1件 の用語解説(絞る/搾るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぼ・る【絞る/搾る】

[動ラ五(四)]

㋐水などが染み込んだ布などを強くねじって、水分を出す。「ぞうきんを―・る」「袖を―・る(=ヒドク泣ク)」
㋑強く押して締めつけたり、にぎったりして、そのものに含まれている水分や液を取り出す。「牛乳を―・る」「ぶどうを―・る」

㋐簡単には出てこないものを努力して、また無理に出そうとする。「声を―・って応援する」「ない知恵を―・る」
㋑無理に出させて取る。むごく取り立てる。しぼりとる。「膏血(こうけつ)を―・る」
(「油をしぼる」の略)ひどく責めたりしかったりする。厳しく鍛える。「こってり―・られる」「猛練習で徹底的に―・られた」
(絞る)広がった状態のものを小さくする。
㋐すぼめたり、くくって縮めたり、押し縮めて片寄せたりして、まとめる。「傘を―・る」「袋の口を―・る」「幕を―・る」
㋑範囲を狭める。整理して、取り上げる範囲をごく小さく限定する。「捜査の網が―・られる」「問題点を―・る」「的を―・る」
(絞る)
㋐カメラのレンズの絞りを小さくする。
㋑ラジオなどの音量を小さくする。「ボリュームを―・る」
(絞る)弓を、力いっぱい十分に張る。引きしぼる。「弓を―・る」
(絞る)相撲で、自分の腋(わき)に相手の腕を挟み、相手の重心を浮かせるようにして締めつける。「差し手を―・る」
(絞る)絞り染めにする。
[可能]しぼれる
[下接句]油を絞る膏血(こうけつ)を絞る袖(そで)を絞る袂(たもと)を絞る知恵を絞る涙を絞る脳味噌(のうみそ)を絞る

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone